革新的CO2のメタン化技術基礎技術から合成ガスの製造と固体炭素の回収まで【提携セミナー】

CO2のメタン化技術セミナー

革新的CO2のメタン化技術基礎技術から合成ガスの製造と固体炭素の回収まで【提携セミナー】

開催日時 2021/10/25(月)13:00-17:00 
担当講師

福原 長寿 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンライン受講:見逃し視聴なし】:41,800円
【オンライン受講:見逃し視聴あり】:47,300円

○CO2削減の中心技術の1つ「CO2のメタン化技術(メタネーション)」を詳解!

 

○基礎・大量CO2をメタン変換する技術ポイントから、

変換後CH4を原料とした合成ガスの製造、CH4から炭素を連続回収する新しい触媒技術まで。

 


○またメタン化反応に必要な水素製造プロセスも現状と展望を解説します。

 

革新的CO2のメタン化技術基礎技術から

合成ガスの製造と固体炭素の回収まで

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

2050年までにCO2排出を実質ゼロにする政府からの宣言を受け、カーボンニュートラルを目指した技術の開拓気運が高まっている。

 

本講演では、CO2の削減における中心技術の一つにあげられるCO2のメタン化反応(メタネーション)について、産業プロセス排出の大量CO2をメタン変換する技術的ポイントや、変換後のCH4を原料とした合成ガスの製造技術、そしてCH4から炭素を固体として連続回収する新しい触媒技術について紹介する。

 

また、メタン化反応に必要となる水素の製造プロセスについても現行の大型システムを説明しつつ、未来型の反応プロセスの取り組み状況などを紹介する。

 

 

担当講師

静岡大学 学術院 工学領域 教授

福原 長寿 先生

 

セミナープログラム(予定)

1.CO2のメタン化技術
1.1 国内外の状況と課題
1.2 構造体触媒システムによるメタン化反応
1.3 CO2を高速処理するメタン化反応
1.4 室温雰囲気でのメタン化反応(オートメタネーション)
1.5 小型発電機からの排ガス処理の実例

 

2.CH4から合成ガスの製造と固体炭素の捕集
2.1 メタンのドライ改質反応の現状と課題
2.2 構造体触媒システムによるドライ改質反応
2.3 CO2とCH4から固体炭素を連続捕集する技術
2.4 メタン化反応との組み合わせプロセス

 

3.水素製造のための改質プロセス
3.1 炭化水素の水蒸気改質とは
3.2 大型改質プロセスの現状と課題
3.3 未来型改質プロセスの展開

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年10月25日(月) 13:00-17:00 *途中、小休憩を挟みます。

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンライン受講:見逃し視聴なし】:1名41,800円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
【オンライン受講:見逃し視聴あり】:1名47,300円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 

※学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

配布資料・講師への質問等について
●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売