二酸化炭素回収技術の開発動向と展望【提携セミナー】

二酸化炭素回収セミナー

二酸化炭素回収技術の開発動向と展望【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/10/7(金)10:30~16:10
担当講師

加藤 悦史 氏
藤川 茂紀 氏
小玉 聡 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 60,500円(税込)

★ネガティブエミッション技術動向、分離膜による回収技術とプロセス計算手法

 

二酸化炭素回収技術の開発動向と展望

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

・ネガティブエミッション技術の動向と今後の展望
・大気中から直接CO2回収を可能とする分離ナノ膜の開発
・CO2分離回収プロセスにおけるエネルギーおよびコスト概算手法

 

 

習得できる知識

ネガティブエミッションの技術動向、分離膜による回収技術とプロセス計算手法について理解が深まる

 

 

担当講師

(一財)エネルギー総合工学研究所 (IAE) プロジェクト試験研究部 地球環境グループ 副部長 主管研究員 博士 (地球環境科学) 加藤 悦史 氏
九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 マルチスケール構造科学ユニット 主幹教授 博士(工学) 藤川 茂紀 氏
東京工業大学 物質理工学院 応用化学系 助教 博士(工学) 小玉 聡 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

(10:30~12:00)
1.ネガティブエミッション技術の動向と今後の展望
(一財)エネルギー総合工学研究所 (IAE) 加藤 悦史 氏
【講演概要】
カーボンニュートラルな社会を実現する上で、大気中からCO2を取り除く技術、つまりネガティブエミッション技術がどうしても必用となる。
このセミナーでは、ネガティブエミッション技術が必用となる科学的な背景、その方法や必要な規模と時期について、これまでの研究による知見を紹介する。また、変化が激しい世界的な技術開発動向、市場開拓に向けた動き、実施における課題についても検討する。
1.地球規模の炭素循環への人為的な撹乱および気候変動
1.1 人為CO2排出と地球規模の炭素収支
1.2 大気中CO2濃度と気候変化
2.パリ協定の長期目標と炭素管理の必要性
2.1 パリ協定の長期目標
2.2 Remaining carbon budget (残余カーボンバジェット) と社会経済シナリオ
2.3 IPCC AR6 WG3 での社会経済シナリオにおけるネガティブエミッション
2.4 ネット・ゼロ排出のエネルギーシステム
2.5 ネット・ゼロシナリオ分析
3.ネガティブエミッション技術詳細とポートフォリオ
3.1 大気中のCO2を除去・隔離する技術
3.2 ネガティブエミッション技術の炭素フロー
3.3 ネガティブエミッション技術のポテンシャル・影響・制約
3.4 ネガティブエミッション技術の研究開発動向
4.政策支援、炭素市場、ガバナンスの動向
4.1 ネガティブエミッション技術の必要性と政策提案
4.2 各国研究予算の動向
4.3 スタートアップ動向と政策支援
4.4 企業活動における炭素市場への期待
5.まとめ
【質疑応答】
————————————————————————-

 

(13:00~14:30)
2.大気中から直接CO2回収を可能とする分離ナノ膜の開発
九州大学 藤川 茂紀 氏
【講演ポイント】
地球温暖化対策として、これまで二酸化炭素の排出・削減に関する取り組みがなされてきました。特に火力発電所などの大規模CO2排出源からのCO2回収とその地下貯留(Carbon Capture and Storage, CCS)は世界中で推進され、欧米をはじめとする海外では社会実装が始まっています。
しかしこの排出抑制だけではIPCCの目標である気温上昇1.5度以下を実現するのはもはや不可能であり、大気中に放出されてしまったCO2の回収(DAC)が必要となっております。
本セミナーでは、特にこの大気からCO2の直接回収に関する、現在の状況と、技術開発情報についてご紹介いたします。
また地球上にどこにでも存在する「大気」という特徴を最大限生かすため、”どこでもCO2回収(ユビキタスCO2回収)”は、今後ますます重要な技術として必要になります。そこでこのユビキタスCO2回収に向け、我々が進める分離膜による大気からのCO2回収についても紹介します。
1.CO2回収技術の動向
2.大気からCO2を回収するネガティブエミッション技術の概要
3.Direct Air Capture技術の動向・課題点
4.分離膜によるDAC技術(m-DAC)の利点と特徴
5.DAC向け分離膜の開発動向
【質疑応答】
————————————————————————-

 

(14:40~16:10)
3.CO2分離回収プロセスにおけるエネルギーおよびコスト概算手法
東京工業大学  小玉 聡 氏
【講演ポイント】
・プロセスの物質収支とエネルギー収支の計算原理が習得できます。
・CO2分離プロセスに含まれる圧縮動力や液の加熱と、化学吸収法の吸収塔、分離膜モジュール内部の物質収支計算が計算できるようになります。
・CO2分離回収コストの超概算による見積もり手法が理解できます。
1.はじめに
2.プロセス計算の基礎
2.1 プロセスの物質収支
2.2 プロセスのエネルギー収支
2.4 化学吸収プロセスの計算例
2.5 膜分離プロセスの計算例
3.プロセス計算とコスト計算の例
3.1 コスト計算の概要
3.2 エネルギーコストの計算
3.3 設備コストの計算
3.4 化学吸収プロセスのコスト計算例
3.5 膜分離プロセスのコスト計算例
4.おわりに
【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/10/7(金)10:30~16:10

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき60,500円(消費税込み、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税込)〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売