生分解性プラスチックの現状・市場動向と海洋問題への課題・今後の展望【提携セミナー】

生分解性プラスチックの現状・市場動向と海洋問題への課題・今後の展望【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

人見 清貴 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

生分解性プラスチックの現状・市場動向と

海洋問題への課題・今後の展望

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

プラスチックによる深刻な海洋汚染の問題がクローズアップされて久しい。また国連によりSDGsが提唱されることで、一層環境問題に対する関心は大いに高まっていると言える。こうした潮流の中で、生分解性プラスチックが再び注目されつつある。この講演では各国での規制と生分解性プラスチックの基礎、さらにアジアで最も使用されている生分解性プラスチック製品、特に農業用マルチフィルムについて紹介すると共に、更に今後の展望を予測する。

 

◆習得できる知識

  • 各国のプラスチックに対する規制強化と規制に対する対応
  • 生分解性プラスチックとは何か
  • 生分解性の歴史と認証制度
  • 生分解性プラスチックの種類と特徴
  • 生分解性プラスチックの成形課題と改善のポイント
  • 生分解性プラスチックの市場動向

 

◆受講対象

プラスチック分野における研究者、開発者、成型技術者、および包装資材サプライヤー、食品メーカーの方。

 

◆キーワード

生分解性,プラスチック,高分子,ポリマー,樹脂,バイオ,バイオマス,研修,講習会,セミナー

 

担当講師

人見 清貴 氏

 

【略歴】
~2005年 DUPONT(株) 先端技術研究所勤務
2005年 (有)カンポテクニコ設立
2008年 毎日新聞社主催『移動支局』高千穂環境会議パネルディスカッション参加
2008年 (社)発明協会会長奨励賞受賞
2009、2010年 英AMI Ltd主催『Agricultural film 2009,2010』に参加し長期使用型生分解性マルチフィルムについて講演
※AMIはイギリスのブリストルにある会社で、世界各地でセミナーを開催し収益を上げています。「Agricultural Film」はスペインで開催されている農業用フィルムに関するセミナーです。https://www.ami.international/
現在、フリーで活躍

【著書】
・「ポリ乳酸における基礎・開発動向と改質剤・加工技術を用いた高機能化」((株)&Tech、2015) 部分執筆
・「表面・界面技術ハンドブック 材料創製・分析・評価の最新技術から先端産業への適用、環境配慮まで」((株)NTS、2016) 部分執筆
・「生分解性,バイオマスプラスチックの開発と応用」((株)技術情報協会、2019) 部分執筆
・高機能マテリアル技術・市場動向レポート集 ((株)&Tech、2019)部分執筆
・「生分解性プラスチックの現状・市場動向と海洋・環境問題への課題・今後の展望」((株)&Tech、2020)部分執筆

 

セミナープログラム(予定)

1.なぜ今、生分解性プラスチックが注目されているのか?
1-1 各国の汎用プラスチックの規制から見えてくるもの
1-2 生分解性プラスチックの海外トレンド

 

2.生分解とは何か?
2-1 生分解とは何か
2-2 生分解性プラスチックの分解ステップ
2-3 分解速度とガラス転移点の関係

 

3.生分解性の歴史と認証制度
3-1 生分解性プラスチックの誕生と歴史概要
3-2 日本での生分解性プラスチックの認証制度
3-3 海外での認証制度
3-4 海洋性分解という新しいセグメント

 

4.生分解性プラスチックにはどんなものがあるのか?
4-1 日本で上市されている生分解性プラスチックの種類と特徴
4-2 安価で注目される中国製の生分解性プラスチックの種類と特徴
4-3 ポジティブリストとは?
4-4 酸化型生分解性プラスチックの問題点

 

5.生分解性プラスチックの成形課題と改善のポイント
5-1 吸湿と乾燥のコントロール
5-2 強度と分解速度の関係
5-3 ポリマーブレンド技術
5-4 添加剤の効果的な使用用法

 

6.生分解性プラスチックの市場動向
6-1 生分解性プラスチック製品の市場
6-2 生分解性プラスチック製品の課題
6-3 グリーンプラマーク登録製品を分類する
6-4 グリーンプラ登録製品から読み取るトレンド
6-5 生分解性プラスチック製品の新たな展開
6-6 日本における生分解性レジ袋の現状
6-7 生分解性農業用マルチフィルムについて
6-8 今後の展望

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

 

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売