チタン酸バリウムの誘電物性と応用【提携セミナー】

誘電

チタン酸バリウムの誘電物性と応用【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

保科 拓也 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

積層セラミックコンデンサ(MLCC)などの誘電体材料として広く使用されているBaTiO₃を徹底解剖!

 

チタン酸バリウムの誘電物性と応用

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

積層セラミックスコンデンサ(MLCC)は、生産量で年間 3 兆個にも達するファインセラミックス産業最大の製品である。MLCCの誘電体層の主原料であるチタン酸バリウムは誘電体産業におけるエース材料として確固たる地位を築いているが、その最たる要因は使用温度域で誘電率が非常に高いことである。

 

本講演では、まずこの理由を分極機構に基づいて詳しく解説する。一方、MLCCの小型化・高容量化・高性能化のためには、幾つかの技術的課題が山積している。特に、チタン酸バリウムの誘電率がグレインサイズによって変化する「サイズ効果」や、高電界化で生じる「絶縁破壊現象」は、次世代のMLCCを開発する上で重要な知見であると考えられるので、これらの現象を詳しく説明する。

 

担当講師

東京工業大学 物質理工学院 材料系 准教授 博士(工学) 保科 拓也 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに


2.積層セラミックスコンデンサの基礎と技術的課題

2-1 MLCCの特徴
2-2 MLCCの小型化・大容量化
2-3 MLCCの現状と技術課題

 

3.誘電特性の基礎とチタン酸バリウムの誘電分極機構
3-1 誘電現象
3-2 誘電性の微視的起源:誘電分極機構
3-3 チタン酸バリウムの強誘電性と分極機構
3-4 リラクサー強誘電体の分極機構

 

4.チタン酸バリウム系強誘電体のサイズ効果
4-1 チタン酸バリウム微粒子のサイズ効果
4-2 チタン酸バリウムセラミックスのサイズ効果
4-3 圧電特性のグレインサイズ依存性
4-4 微量添加物のサイズ効果への影響

 

5.誘電体の絶縁破壊機構
5-1 誘電体の絶縁破壊現象
5-2 絶縁破壊機構モデル
5-3 高温・高耐圧誘電体材料の設計指針

 

6.まとめ

 

【質疑応答・名刺交換】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

 

受講料

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売