スラリーの調製、評価法と プロセスへの応用技術【提携セミナー】

微粒子分散系レオロジー

スラリーの調製、評価法と プロセスへの応用技術【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

森 隆昌 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

スラリー中の粒子分散・凝集状態を制御するために!
スラリー評価の方法・原理から実プロセスへの活用まで分かりやすく解説します!

 

スラリーの調製、評価法と
プロセスへの応用技術

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

スラリーを取り扱うプロセスにおいて、スラリー中の粒子分散・凝集状態を制御することは製品特性を制御する上で極めて重要です。この点についてはすでに広く理解されているのですが、粒子分散・凝集状態の評価が難しいために、作ったスラリーがどのような状態にあるのかが分からず、結局、勘と経験に頼った試行錯誤によって、スラリー調製条件を最適化するケースがほとんどです。

 

本セミナーでは、これまでのスラリー評価ではどうして製品特性がうまく制御できなかったのか、それに対してどのような評価を実施すると製品特性制御が可能なのかについて、実例を交えながら解説します。

 

この講座を受講して得られる情報・知見

・スラリー中の粒子分散・凝集の基礎知識
・スラリー評価の方法・原理
・スラリー評価を実プロセスに活かすための指針

 

担当講師

法政大学 生命科学部 環境応用化学科 教授 博士(工学) 森 隆昌 氏

 

セミナープログラム(予定)

1. イントロ ~スラリー評価の前に知っておきたいこと~

 

2. 液中粒子の分散・凝集を支配する因子
2.1 DLVO理論
2.2 非DLVO力

 

3.スラリー評価の問題点 ~既存の評価方法について考える~
3.1粒子径分布測定
3.2粒子間力測定

 

4.スラリー中の粒子集合状態評価技術
4.1 重力沈降,遠心沈降試
4.2 静水圧測定法
4.3 ナノ粒子の分散・凝集状態評価 (浸透圧測定法)
4.4 希薄系での直接観察

 

5.スラリーの流動性評価
5.1 流動挙動の種類
5.2 流動性評価法
5.3 流動性評価の実例
5.4 見かけ粘度の測定で注意すべきこと

 

6. スラリー評価の応用例
6.1. 噴霧乾燥 (スプレードライ)
~中実球形顆粒を作るには?~
6.2. リチウムイオン電池正極
~多成分スラリーを評価するには?~
6.3. チタン酸バリウム
~シート成形で成形体密度を制御するには?~
6.4 アルミナ
~鋳込み成形で成形体密度を制御するには?~
6.5 スラリーの経時変化

 

7.その他の評価 粒子の濡れ性の評価

 

8.まとめ

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

受講料

未定

 

配布資料

配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
お申込みは4営業日前までを推奨します。
それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)

本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売