品質工学の考え方とパラメータ設計・実務への活用【提携セミナー】

品質工学の考え方とパラメータ設計

品質工学の考え方とパラメータ設計・実務への活用【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/4/20(水)10:30~16:30
担当講師

芝野 広志 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 -
受講費 55,000円(税込)

★SN比,MT法・・・ 「品質工学用語」の正しい理解と使い方から学ぶ

★AI ・ 5G ・ IoT 時代に即したタグチメソッドとは?

 

 

品質工学の考え方と

パラメータ設計・実務への活用

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

1.品質工学の成り立ちや目的
2.品質工学における基本機能について
3.パラメータ設計の考え方と手順
4.品質工学やパラメータ設計の成功のポイントと成功例の考察

 

 

習得できる知識

  • SN比,MT法などの 「品質工学用語」で頻出する用語の正しい理解と使い方から学びます。
  • AI ・ 5G ・ IoT 時代に即したタグチメソッドの有り方についても学習します。

 

 

担当講師

TM実践塾 代表 芝野 広志 氏

 

 

 

セミナープログラム(予定)

【講座の趣旨】
品質工学は,製品開発や技術開発の効率化に有効な方法論であるが,その基本的な考え方と改善にいたるまでの手順を理解しなければ,期待通りの成果は得られない。本講座では,品質工学の中心的な部分であるパラメータ設計の考え方と手順を説明の中心に,失敗しないためのポイントについて,演習問題や成功事例も交えながら,わかりやすく解説する。

 

【セミナープログラム】
1.品質工学とは?
1.1 はじめに
1.2 品質工学の成り立ち
1.3 品質工学の目的
1.4 品質工学の全体像

 

2. 基本機能を考える
2.1 基本機能とは
2.2 機能と品質
2.3 【演習1】(基本機能の定義)
2.4 誤差因子について
2.5 ばらつきの定量化
2.6 【演習2】(SN比の計算)

 

3. パラメータ設計の考え方と手順
3.1 パラメータ設計とは
3.2 パラメータ設計の進め方
3.3 【演習3】(パラメータ設計の計画立案)

 

4. 成功のポイントと代表的な事例
4.1 パラメータ設計を成功させるポイント
4.2 代表的な事例の紹介
4.2.1 CAE活用による製造装置の最適化
4.2.2 テストピースによるパラメータ設計
4.2.3 基本機能を重視したパラメータ設計

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/4/20(水)10:30~16:30

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき55,000円(消費税込み,資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売