P&ID(配管計装図)における作図・表記・管理の一般常識【提携セミナー】

配管部品

P&ID(配管計装図)における作図・表記・管理の一般常識【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/10/14(木) 12:30~16:30
担当講師

三枝悠 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:41,800円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:47,300円

☆記号の意味や用途、Lead Sheetの説明、管理上の留意点など!

☆「知識を再整理したい」といったご担当者様にオススメの内容です!

 

 

P&ID(配管計装図)における

作図・表記・管理の一般常識

 

《理解度向上のためのミニ演習付き》

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

基礎的なP&IDの読み方やP&ID上に記載されている記号の意味・用途をP&IDに記載されている記号をまとめた図面であるLead Sheetを使用して説明します。また、P&ID作図上・管理上の注意点についても説明します。

 

◆ 受講後、習得できること
・P&IDを読むためのLead Sheetを理解出来るようになる
・P&IDが読めるようになる
・P&ID作成上のポイントが習得できる
・P&ID管理上のポイントが習得できる

 

◆ 講演中のキーワード
・P&ID
・プラント
・HAZOP
・Lead sheet
・ラインナンバー
・安全弁

・Piping and Instrumentation Diagram

 

担当講師

千代田化工建設株式会社
インテグリティマネジメント部 P&ID設計セクション 主任
三枝悠 氏

 

セミナープログラム(予定)

・P&IDとは
・P&IDの種類
・Lead Sheetに記載されているもの
・配管記号
・機器記号
・計装記号
・配管部品の説明
・配管弁の説明
・計装の書き方
・配管、機器、計装のナンバリングの考え方
・安全弁の書き方
・図面のタイトルブロック
・図面改訂時の注意事項
・注意事項(Note)欄
・P&ID図面間の表現方法
・新設・既設の区別
・予備がある機器の書き方
・温度計設置箇所の注意点
・試料採取点の描き方
・サービスクラス区分
・フランジの表示方法
・P&ID管理
・Positive Isolationの考え方
・制御弁周りの構成
・HAZOP
・P&ID発行の流れ

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年10月14日(木) 12:30-16:30

 

開催場所

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

については、こちらをご参照ください

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】
41,800円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、30,800円

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】
47,300円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、36,300円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

配布資料

配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
お申込みは4営業日前までを推奨します。
それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)

本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けEラーニング講座一覧

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売