各種パワーデバイスの特徴・技術動向と今後の課題【提携セミナー】

各種パワーデバイスの特徴・技術動向と今後の課題【提携セミナー】

開催日時 【LIVE配信】2024/4/18(木) 12:30~16:30 , 【アーカイブ配信】4/20~4/26 (何度でも受講可能)
担当講師

山本 秀和 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 44,000円 (本体価格:40,000円)

★Siパワーデバイスの現状からワイドギャップ半導体パワーデバイスの開発動向や

課題まで分かりやすく解説します!

 

各種パワーデバイスの特徴・技術動向と今後の課題

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

パワーエレクトロニクス産業を根底から支えているパワーデバイスは、現状主にSiを用いて製造されています。今後も、Siパワーデバイスが主流なのは間違いありません。Siパワーデバイスで主導権を維持するには、製造ラインの300mm化が必須ですが、日本はすでに大きく出遅れています。一方、Siパワーデバイスの性能向上限界説が聞かれるようになり、次世代パワーデバイス用材料として、ワイドギャップ半導体が期待されています。ワイドギャップ半導体パワーデバイスの量産化には多くの課題があるものの、海外メーカは積極的に市場投入を進めています。日本は、ここでも海外メーカに後れを取っています。

 

本セミナーでは、Siおよびワイドギャップ半導体パワーデバイスの技術開発動向と今後の課題について詳細に解説します。

 

◆習得できる知識

  • パワーエレクトロニクスおよびパワーデバイス業界動向
  • パワーデバイスによる電力変換と高性能化
  • パワーチップおよびパワーモジュールの構造
  • ワイドギャップ半導体パワーデバイスの開発ターゲット
  • Siパワーデバイスの優位性と課題
  • ワイドギャップ半導体パワーデバイスの優位性と課題
  • 日本の電子デバイス産業における失敗事例
  • パワーデバイス産業の将来展望と日本の地位

 

◆受講対象

  • パワーデバイス開発技術者、管理者、営業担当者

 

◆キーワード

半導体、パワー、デバイス、モジュール、チップ、ワイドギャップ、SiC、GaN

 

担当講師

千葉工業大学 電気電子工学科 教授 工学博士 山本 秀和 氏

 

(2022年3月31日までの所属です)

<ご専門>
半導体結晶、半導体デバイス、パワーデバイス

<学協会>
パワーデバイスイネーブリング協会

<ご略歴>
1984年3月 北海道大学大学院博士後期課程修了(工学博士)
1984年4月 三菱電機(株)入社(20210年3月退社)
2010年4月 千葉工業大学 教授
2015年6月 パワーデバイスイネーブリング協会 理事

 

セミナープログラム(予定)

1.パワーエレクトロニクスおよびパワーデバイス業界動向
1-1.パワーエレクトロニクスへの期待
1-2.パワーデバイスの適用分野
1-3.パワーデバイスによる電力変換
1-4.パワーデバイスの高性能化

 

2.パワーチップおよびパワーモジュールの構造
2-1.パワーチップの構造
2-2.パワーモジュールの構造
2-3.パワーチップおよびパワーモジュールの製造プロセス

 

3.Siおよびワイドギャップ半導体パワーデバイスの技術開発
3-1.Siパワーデバイスの技術開発
3-2.SiCパワーデバイスの技術開発
3-3.GaNパワーデバイスの技術開発
3-4.酸化ガリウムパワーデバイスの技術開発

 

4.電子デバイス盛衰の歴史とパワーデバイスの将来展望
4-1.日本の電子デバイス盛衰の歴史
4-2.世界のパワーデバイスの状況
4-3.日本のパワーデバイスの将来展望

 

5.まとめ

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2024/4/18(木) 12:30~16:30

【アーカイブ配信】4/20~4/26 (何度でも受講可能)

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  44,000円 (本体価格:40,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から

  • 1名で申込の場合、44,000円(税込)へ割引になります。
  • 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

ライブ配信とアーカイブ配信(見逃し配信)両方の視聴を希望される場合は、会員価格で1名につき49,500円(税込)、2名同時申込で55,000円(税込)になります。お申し込みフォームのメッセージ欄に「ライブとアーカイブ両方視聴」と明記してください。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったLIVE配信セミナーです。

 

  • セミナー資料は事前にPDFで配布します。紙媒体では送付しません。
    セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】、【LIVEとアーカイブ両方視聴】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売