二酸化炭素(CO2)・二硫化炭素(CS2)を用いる高分子材料の合成【提携セミナー】

CO2 CS2高分子材料

二酸化炭素(CO2)・二硫化炭素(CS2)を用いる高分子材料の合成【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/7/15(木)13:00~16:00
担当講師

落合 文吾 氏

開催場所

【ZOOMを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名 
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)
★二酸化炭素・二硫化炭素の特徴から、それらを利用したポリマー合成および応用まで短時間で詳説!

 

二酸化炭素(CO2)・二硫化炭素(CS2)を用いる

高分子材料の合成

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

豊富な炭素資源である二酸化炭素と、その酸素を同じ16族元素であり同じく豊富な資源であるイオウに置き換えた二硫化炭素を用いた高分子の合成法および応用について紹介する。
まず、豊富な資源を用いる材料の設計法について概説する。続いて、講演者の研究を中心に各論に映る。
二酸化炭素の反応としては比較的温和な条件で進行する五員環カーボネートの合成をもととした高分子材料の合成について述べる。五員環カーボネート構造を持つポリマーの合成では、エポキシ基をもつ汎用モノマーであるグリシジルメタクリレートと二酸化炭素による、五員環カーボネート構造をもつポリメタクリレートの合成法と機能を紹介する。また、五員環カーボネートとアミンの反応を利用したポリウレタンの合成法および得られるポリウレタンの機能と応用について、一般的なポリウレタンとの比較も含めて紹介する。本法は、有毒で不安定なイソシアネートを用いないという利点がある。
二硫化炭素を用いた様々な含硫黄ポリマーの合成法と、その応用について紹介する。二硫化炭素はそれ自身が重合する他、多様なモノマーの原料となる。イオウの原子屈折の高さに由来する高屈折率材料への応用、ならびにイオウの金属との親和性を利用した、有機―イオウー無機ハイブリッド材料と貴金属捕集ポリマーの合成と応用について述べる。

 

◆習得できる知識

・二酸化炭素・二硫化炭素の活用方法
・ポリウレタン類の合成法と機能
・金属と有機構造の複合化方法

 

 

◆キーワード

二酸化炭素、CO2、二硫化炭素、CS2、ポリマー、合成、ポリウレタン、エポキシ、樹脂

 

 

担当講師

山形大学 大学院理工学研究科 教授 博士(工学) 落合 文吾 氏

<ご専門>
高分子科学・有機化学

<学協会等>
高分子学会、日本化学会、アメリカ化学会

<ご略歴>
・学歴
平成8年3月 東京工業大学工学部高分子工学科卒業
平成10年3月 東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了
平成13年3月 東京工業大学大学院総合理工学研究科博士後期課程修了(博士(工学))
・職歴
平成10-13年 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
平成13-15年 住商バイオサイエンス株式会社 研究員
平成15-19年 山形大学工学部機能高分子工学科 助手
平成19-20年 山形大学大学院理工学研究科 助教
平成20-25年 山形大学大学院理工学研究科 准教授
平成25年から 山形大学大学院理工学研究科 教授
・受賞
H16.5.23 高分子学会 高分子研究奨励賞
H18.10.13 合成樹脂工業協会 学術奨励賞
H24.4.9 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

 

セミナープログラム(予定)

1.豊富な資源を用いる材料の設計
1-1.非石油資源の現状
1-2.二酸化炭素と二硫化炭素の特徴
1-3.二酸化炭素を用いる材料の設計
1-4.二硫化炭素を用いる材料の設計

 

2.二酸化炭素を用いる五員環カーボネート構造を持つポリマーの合成
2-1.二酸化炭素とエポキシドの反応による五員環カーボネートの合成
2-2.五員環カーボネート構造を持つポリマーの合成法と機能

 

3.五員環カーボネートとアミンの反応を利用するポリヒドロキシウレタンの合成とその応用
3-1.ポリウレタンの性質と合成法
3-2.五員環カーボネートとアミンの反応を利用する脂肪族ポリウレタンの合成
3-2.ポリヒドロキシウレタンの合成
3-3.様々なポリヒドロキシウレタンの合成とその応用

 

4.二硫化炭素を利用する含硫黄ポリマーの合成と応用
4-1.二硫化炭素の重合
4-2.二硫化炭素とエポキシドの反応による五員環ジチオカーボネートの合成とアミントの反応
4-3.ポリメルカプトチオウレタンの合成とグラフトポリマー合成への応用
4-4.貴金属捕集性ポリマー
4-5.硫黄を仲立ちとする有機−イオウ−金属ハイブリッド材料の合成と機能

 

5.まとめ

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年07月15日(木) 13:00~16:00

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)
学生: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーです。

 

・セミナー資料は事前にPDFで送付します。セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。この点にご了承の上、お申し込みください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売