技術教育のモンダイ

■技術教育のモンダイ

■技術者教育の重要性と課題

■優秀な技術者は企業の財産

企業にとって、技術者の教育が大変重要なものであることは、いうまでもないでしょう。

企業の財産は、人、モノ、金、情報・・といわれますが、結局はモノも、金も、情報も、人がつくりだしています。

技術を武器にする製造業にとって、優秀な技術者の存在はえがたい財産となります。

■適切な技術者教育ツールは少ない

技術者の教育は、社員教育の一環として、集合形式の新人研修から個別業務のOJT(On Job Training:実務型教育)までさまざまな形で行われます。

社内で対応が難しい場合は、社外の教育サービスを利用することになります。

しかし、技術者教育において、例えば製品開発、化学分析、技術営業、といった職種を育成するための適切な教育ツールというのはあまり存在しません

 

 

■OJTの難しさ

技術者の業務というのは、業種や職種ごとに専門性・独自性が高く、画一的な教育ツールでは対応できないことが多いようです。

そのため、個別の業務においてはOJT(On Job Training:実務型教育)が行われています。

しかし、OJTはその職場や教育を担当する先輩技術者の知識やスキルに依存するケースが多くあります。

社内の技術者の専門性や技術レベルを、今以上に底上げすることはなかなか難しいようです。

■技術セミナーは社員教育に利用しづらい

専門性の高い技術分野における教育サービスとして、専門の技術セミナーに参加するということもあります。

これは、汎用的なカリキュラムではなく、どちらかというと技術の最新情報やトレンド、先端のノウハウを学ぶものです。

社内の技術開発のみでは、世の中の技術革新に追いつくことが難しい場合もあるため、このような技術セミナーは有用です。

しかし、そのようなセミナーの費用は一般に高額で、また通常の研修制度やOJTのように後々までフォローされるものではありません。

そのため、社員教育として気軽に利用することは難しい面があります。

専門技術セミナーは高額

■アイアール技術者教育研究所は技術者教育のモンダイに挑戦します

■専門ネットワークと教育ノウハウ

アイアール技術者教育研究所は、そんな技術者教育の悩みを解決したいと考えています。

当研究所は知財調査会社が母体であり、各技術分野の専門家とのネットワークを持っています。

また知財教育の分野においては業界をリードしてきました。

その専門ネットワークと教育ノウハウを、技術者教育のフィールドに活かせると考えました。

■技術者教育プラットフォームを構築

アイアール技術者教育研究所は、多くの専門家の監修・協力により、汎用テーマからニッチな分野まで対応する真の技術者教育を実現します。

集合形式の研修・セミナーとeラーニングを融合した教育モデルを独自に開発し、適正価格にて提供します。

専門技術のニッチな教育ニーズに対応できる技術者教育プラットフォーム構築を目指します。

■技術者教育のあるべき形を追究します

アイアール技術者当研究所は、技術者教育のあるべき形を追究し続けます。

真に望まれる教育の形に近づくように改良を続けながら、最善の教育プログラムを提供します。

 

→Next:アイアールの技術者教育の特徴とは?