アイアールの技術者教育の特徴

■アイアールの技術者教育の特徴

■アイアールの技術者教育の3つの特徴

アイアール技術者教育研究所の3つの特徴を紹介します。

 

科学的に定着するプログラム

② 本当に役立つ教育テーマ

③ 適正な費用

 

① 科学的に定着するプログラム

■記憶と忘却のメカニズムとは

研修を受けたり勉強をしたりしても、数日たつとすっかり内容を忘れてしまう、といった経験は誰でもあるのではないでしょうか。

一回の学習体験では、人間はなかなか記憶することはできません。

これは記憶と忘却のメカニズム(忘却曲線の学説)に基づいています

 

■反復学習により短期記憶から長期記憶へ変わる

例えば、学習の2日後には、25%程度の記憶しか残りません。

そこで反復学習をすると、その一週間後にも記憶の50%が残ります。

そこでさらに反復学習をすると、1か月後にも記憶の70%が残ります。

再度反復学習をすると、記憶の90%が半永久的に残ります。

個人差や、学習対象による差もあると思われますが、反復学習により短期記憶から長期記憶へ変わることが示されています。

 

■記憶のプロセスに基づいた教育プログラム

アイアール技術者教育研究所では、このような記憶のプロセスに基づいた教育プログラムを提供します。

原則、集合研修やセミナーに対応したeラーニングをご用意しています。

セミナーや研修によって講師の発するメッセージを受けて、強度の高い学習を与えます。

フォローアップとして、セミナーや研修の内容と連動したeラーニングを受講することで、適切なタイミングでの反復学習を可能にします。

 

② 本当に役立つ教育テーマ

■技術者だからこそ必要な教育テーマがわかる

アイアール技術者教育研究所の教育プログラムとテーマは、現役の技術者が企画立案しています。

プログラムの制作・提供は、母体企業である知財調査会社が持つ多くの企業や技術専門家とのネットワークを活用しています。

技術者だからこそ、技術者にとって本当に必要な教育が何であるかが分かるといえます。

■効果を最大化する教育プログラムへのこだわり

セミナーや集合研修では、経験豊富な技術者でもある講師が講義を担当します。

経験があるからこそ、受講者にとって最も必要なことを伝えられます。

eラーニングについても、講師が制作・監修を行うことで、専門性の高いテーマも扱うことができます。

eラーニングは、知識の習得よりも実践を念頭においたプログラムとなっていますので、応用力を養うことができます。

以上のような、学習効果を最大化するための教育プログラムの工夫を行っています。

③適正な費用

■質の高い教育プログラムを適正な費用で提供

当研究所のプログラムの特徴として、質の高い教育プログラムを適正な費用で提供することをポリシーとしています。

ニッチな分野ほど高額になってしまう、という技術教育の現状を、変えていきます。

 

・低コストなeラーニングの活用による費用対効果の改善

・母体会社のセミナールーム・設備の活用による講座運営コスト削減

・訴求度の高いウェブ情報発信による営業コスト削減

 

上記の取り組みにより事業を合理化していますので、教育のベネフィットに見合った適正な料金での提供を可能としています。

 

■アイアールの技術者教育の挑戦

■真に必要な技術者教育を追究します

アイアールの技術者教育の3つの特徴を紹介しました。

アイアール技術者教育研究所は、本当に必要で役に立つ技術者教育のあり方を追究していきます。