2021年バージョン:次世代ディスプレイ最新技術・市場動向【提携セミナー】

ディスプレイ

2021年バージョン:次世代ディスプレイ最新技術・市場動向【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/9/30(木) 10:30~16:30
担当講師

小野 記久雄 氏

開催場所

【ZOOMを使ったLIVE配信セミナー】

定員 -
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 44,000円 (本体価格:40,000円)

★本セミナーでは、2021年CES2021以降の最新ディスプレイ用デバイス技術について、

市場製品はその構造や画質を解析、

開発提案デバイスはSID2021報告や各社特許公報をベースに技術解説します!

 

2021年バージョン:

次世代ディスプレイ最新技術・市場動向

 

SID2021におけるμLEDディスプレイ技術・

QD-EL技術・OLED発光材料と製造プロセスの開発状況

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

CES2021ではハイエンドTVを狙う用途としてMini-LED BL搭載LCDやμLEDディスプレイが展示、その一部は既に市場製品として投入され高コントラスト性能が報告されている。また、モバイル用途ではフォルダブルの次を狙う新フォームファクターのロールスライドやローラブルOLEDディスプレイも提案された。さらに、Mini-LED BLを搭載したApple社タブレットも発売され市場評価も進んでいる。これら最新ディスプレイデバイス技術は5月Web開催のSID2021に於いてその技術詳細が報告されている。

 

本セミナーでは、2021年CES2021以降の最新ディスプレイ用デバイス技術について、市場製品はその構造や画質を解析、開発提案デバイスはSID2021報告や各社特許公報をベースに技術解説する。後者にはローラブルOLEDやμLEDディスプレイが該当する。SID2021技術解説ではデバイス構造のみならず、色変換用量子ドット(QD)あるいはQD-EL材料、OLEDの超蛍光発光材料に加え、電子輸送層を含む全工程をインクジェットで製造する試作結果などのプロセスも含める。

 

更に、将来のイノベーション技術として‘20年10月にスタンフォード大学から公表されたメタフォトニック(Meta Photonic)OLEDについてもその技術内容を紹介すると共に、当方によるスマートフォンディスプレイとしての性能予測試算結果も示し、未来技術を定量的に解説する。

 

◆習得できる知識

  • スマートフォンやTVの映像機器とディスプレイの技術関連性が理解できる
  • 最新のフラットパネルディスプレイの性能比較が理解できる
  • 最新フラットパネル、特にフォルダブルからローラブルOLEDの材料の重要点を理解できる
  • 量子ドット(QD)、ミニLED、マイクロLEDの新技術の最新の学会、特許公報情報を理解できる
  • ディスプレイパネルメーカの技術やその動向を理解できる

 

◆受講対象

・ディスプレイパネル、材料、製造装置に関連のある技術者や営業・開発企画の担当者

 

◆必要な前提知識

・ディスプレイとしてLCD、OLED、マイクロLEDなどの用語に違和感の無い程度の知識のある方

 

◆キーワード

次世代ディスプレイ,技術,動向,CES2021,OLED,μLED,セミナー,講演

 

 

担当講師

(株)サークルクロスコーポレーション
フェローアナリスト(Fellow Analyst)工学修士

小野 記久雄 氏

 

【ご専門】フラットパネルディスプレイ

 

セミナープログラム(予定)

1.CES2021におけるディスプレイ搭載機器の提案とその後の状況
1-1. CES2021における機器提案、 ディスプレイ用Mini-LEDとμLEDの定義
1-2. CES2021におけるTV用途提案のその後の製品化追跡調査
1-3. Mini-LED、μLED、QDに対する市場動向

 

2. Mini-LED BL技術
2-1. SID2021に於けるMini-LED BL技術 (日亜化学工業)
2-2. iPad Pro 12.9 (2021)技術
2-3. Samsung VDのNEO QLED TV技術

 

3.WCG(広色再現性)対応製品化状況とSID2021におけるフォトルミQD材料
3-1. WCG(広色再現性)対応製品化状況
3-2. 新Green QD材料 (Nanosys)
3-3. 非QDの有機樹脂色変換シート (BOE)

 

4.大型Foldable/Rollable OLED技術
4-1. Form Factorの分類とロールスライドDisplayの構造
4-2. Foldable OLEDでの曲げ応力対策の課題の振り返り
4-3. Lenovo Think Pad X1 Fold仕様とノート用Foldable OLED解析 (LGD)
4-4. Rollable OLED曲げ強度(フィルムはPDMS)、静電破壊対策 (SDC)

 

5.SID2021におけるμLEDディスプレイ技術
5-1. TV用途で普及コストへやるべきこと(Yole Development)
5-2. 車載向けへの提案フレキシブルμLEDディスプレイ(AUO)

 

6. SID2021におけるQD-EL技術
6-1. QD-ELの狙いと課題
6-2. SamsungのQD-EL技術戦略とR QD-EL技術
6-3. NanosysのQD-ELの進捗

 

7.SID2021におけるOLED発光材料と製造プロセスの開発状況
7-1. 超蛍光HF(TADF系)OLED発光材料の進展状況(Kyulux)
7-2. 電子輸送層ETLを含むAll InkJet OLED試作(SDC)

 

8.次世代へ向けてのイノベーション技術Meta Photonic OLED
8-1. Stanford/Samsungの提案するMeta Photonic OLED
8-2. スマートフォン用OLEDディスプレイの効率試算
8-3. 製造上の最大課題

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年09月30日(木) 10:30~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 44,000円 (本体価格:40,000円)

 

 

会員の方あるいは申込時に会員登録される方は、受講料が1名55,000円(税込)から
・1名44,000円(税込)に割引になります。
・2名申込の場合は計55,000円(2人目無料)になります。両名の会員登録が必要です。
・3名以降は一人当たり定価の半額となります。

定 価 :1名につき 55,000円(税込)
会員価格:1名につき 44,000円 2名の場合 55,000円、3名の場合 82,500円(税込)

 

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けEラーニング講座一覧

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売