2022年バージョン:次世代ディスプレイ最新技術・市場動向【提携セミナー】

ディスプレイ

2022年バージョン:次世代ディスプレイ最新技術・市場動向【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/9/29(木) 10:30~16:30
担当講師

小野 記久雄 氏

開催場所

【ZOOMを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名 
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

★本セミナーでは、2022年のCES’22で発表された

最新ディスプレイ用デバイス技術のうち、

製品発売済み技術はその構造や画質を解析する。

 また、現時点で開示情報の乏しい技術はSID’22報告、

各社の特許公報をベースに推定を含めて解説する。

 

2022年バージョン:

次世代ディスプレイ最新技術・市場動向

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

1月開催CES’22から5月開催の学会SID’22を見ると、OLEDパネルおよびこれを搭載したディスプレイ機器のピーク輝度が飛躍的に向上した。TV、モニター用途での性能向上の中心は韓国Samsung Display(SDC)が長年開発してきた量子ドットOLED(QD-OLED)の製品化である。

 

OLEDのピーク輝度は、昨年までのLGディスプレイ(LGD)のテレビ用白色OLED(WOLED)の800nitに留まっていたが、SDCのQD-OLEDは1,500nitを実現と公表した。色再現性も大きく向上している。一方、LGDもWOLEDの発光材料に重水素化(D)を取り込んだ「OLED-EX」技術で、これを1000nitまで引き上げたとの発表を行った。さらに、SID’22ではLGDはWOLEDパネルにおいてMLA(メタライトレンズアレイ)技術を搭載し光取り出し効率を20%向上し、2,000nitを実現とした。

 

OLED輝度が向上した背景には、タブレット、ノートPCそしてTV用途に採用された新技術「ミニLEDバックライト(Mini-LED BL)」に対する対抗の意味がある。この技術は1000nit以上の高輝度を売りにしているためである。CES’22では、そのMini-LED BLを採用したテレビセットメーカが昨年の2倍の7社以上に増えた。これでプレミアTVを数の上で支配する戦略にみえる。

 

本セミナーでは、2022年のCES’22で発表された最新ディスプレイ用デバイス技術のうち、製品発売済み技術はその構造や画質を解析する。一方、現時点で開示情報の乏しい技術はSID’22報告、各社の特許公報をベースに推定を含めて解説する。まずは、SDCあるいは材料メーカの特許公報調査で、QD-OLED用カラーフィルター(CF)の構造、製造方法及び材料について解き明かす。次に、これに対抗するLED光源技術、Mini-LED BL、μLEDの動作原理、特性、構造、材料を分析する。さらに、SID’22で論文賞を受賞した出光興産発表の三重項-三重項融合(TTF)の2層発光層を用いた青色OLEDの効率向上、インクジェット印刷(IJP)を用いたOLED、そしてOLEDの後継技術を目指す量子ドットエレクロルミネッセンス(QD-EL)デバイスの構造、製造、材料技術も将来動向含めて解き明かす。

 

スマートフォン用OLEDの進化に関しては、Visionoxを初めてとする中国パネルメーカが先行した画面下カメラ(UDC)技術を、SID’22内容をベースに解説する。中国パネルメーカとSDCの技術比較を行う。

 

◆習得できる知識

  • 最新のフラットパネルディスプレイの技術、市場動向を習得できる
  • スマートフォンやTVの映像機器とディスプレイの技術関連性が理解できる
  • 最新のフラットパネルディスプレイの性能比較が理解できる
  • 最新フラットパネル、OLEDの材料の重要点を理解できる
  • 量子ドット(QD)、ミニLED、マイクロLEDの新技術の最新の学会、特許公報情報を理解できる
  • ディスプレイパネルメーカの技術やその動向を理解できる

 

◆受講対象

  • ディスプレイパネル、材料、製造装置に関連のある技術者や営業・開発企画の担当者

 

◆必要な前提知識

  • ディスプレイとしてLCD、OLED、マイクロLEDなどの用語に違和感の無い程度の知識のある方

 

◆キーワード

次世代ディスプレイ,LCD,OLED,マイクロLED,セミナー,講演,研修

 

担当講師

(株)サークルクロスコーポレーション
フェローアナリスト(Fellow Analyst)工学修士

小野 記久雄 氏

 

【ご専門】フラットパネルディスプレイ

 

セミナープログラム(予定)

1. ディスプレイ・デバイスの構造と動作原理
1-1. LCD、OLEDの構造と動作原理(LCD、RGB-OLED、大型WOLED)
1-2. フォトルミ(PL)QD、QD-OLED、QD-ELの構造と動作原理
1-3. μLEDディスプレイの構造と動作原理

 

2. CES’22おけるディスプレイ搭載機器の提案とその後の製品化状況
2-1. TV・モニター用途Mini-LED BL、μLED
2-2. TV・モニター用途OLED(QD-OLED、WOLED)およびAR/VR用途OLED、μLED
2-3. CES’22展示TVのその後の製品化状況と判明した表示特性
2-4. ディスプレイ・デバイスの市場予測と戦国絵巻

 

3. 特許調査で紐解くQD-OLED
3-1. QD材料とQD-CF、QD-OLEDの開発ロードマップ
3-2. QD-CF層の形成はホトからIJPへの転換
3-3. QD-CFバンク材料
3-4. QD-OLED用タンデム発光層構成、コスト低減へ向けて

 

4. 重水素置換適用から飛躍が止まらないOLEDの効率向上
4-1. 2021年から始まっていたスマホ用OLEDの効率向上
4-2. 青蛍光材料のドーパントへの重水素置換内容とその事例
4-3. OLEDーEX発表に連動して出願増加の青蛍光体特許(LGD)
4-4. 2層青発光層構造でのTTF効率向上等(SID’22:出光興産)
4-5. メタライトレンズアレイ(MLA)によるWOLED取り出し効率向上(SID’22:LGD)

 

5. Mini-LED BL技術
5-1. 高コントラスト比実現のLD駆動
5-2. Mini-LED BL搭載iPad Pro/Macbook の構造、表示性能
5-3. Mini-LED BL搭載Samsung TVの表示性能、改善策への課題

 

6. μLEDディスプレイの事始めと構造分類、用途別技術
6-1. μLEDディスプレイの事始めと分類 (Monolithic、Discrete μLED)
6-2. 商品化対応μLEDディスプレイ(CES’22含む)
6-3. Samsungのタイル方式TV用μLEDディスプレイ
6-4. ARグラス構造と採用が開始されたμLEDディスプレイ
6-5. コンタクトレンズディスプレイ進化を支えるμLEDディスプレイ(SID’22)

 

7. 画面下カメラ(UDC)技術の最新動向
7-1. 先行する中国パネルUDC技術(SID’22:Visionox、BOE、Tianma)
7-2. US特許分析に見るSDCのUDC技術

 

8. 継続開発位置づけのOLED、QD-EL技術の解析(パターニング製法視点)
8-1. All IJ印刷に挑戦するOLED開発(SID’22:SDC)
8-2. IJ印刷を前提としてOLED継承を狙うQD-ELデバイス(SID’22:SDC)
8-3. IJ印刷高効率QD-ELに加え高精細はホト加工も狙う(SID’22:BOE)

 

9. まとめ:2022年のディスプレイ輝度と進化の製品サイクル

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年09月29日(木) 10:30~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

会員の方あるいは申込時に会員登録される方は、受講料が1名55,000円(税込)から

  • 1名49,500円(税込)に割引になります。
  • 2名申込の場合は計55,000円(2人目無料)になります。両名の会員登録が必要です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売