高分子製品を対象とした“外観”と“印象”の高付加価値化視覚的価値の制御技術と顔料の基礎【提携セミナー】

視覚的価値

高分子製品を対象とした“外観”と“印象”の高付加価値化視覚的価値の制御技術と顔料の基礎【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

渡辺 聡志 氏

開催場所 未定
定員
受講費 未定

~心理学×生理学×顔料技術で生まれる、高分子製品の視覚的価値~

 

高分子製品を対象とした“外観”と“印象”の

高付加価値化視覚的価値の制御技術と顔料の基礎

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

長い間、高分子製品開発の中心軸は強度・耐熱性・経済性の向上に置かれていました。それらの用途展開が飽和に近づいた現在、新たな方向性として “購入動機につながる製品外観の制御技術”に関心が集まりつつあります。民生品領域では関連技術の特許出願が目立ち始めて来ました。

 

本講座は「高分子製品の視覚的価値をコントロールする技術」という、シンプルではありますが、今まで取り上げられなかったテーマを設定しました。その具現化に必要な多岐に亘る技術と情報を骨格に据えて、プログラムを構成しました。

 

具体的には、ヒトの心理学と生理学、顔料の化学的な構造と発色の関係性、外観制御のための製造と配合技術などについて、広い分野の相互関連性を解説します。外観を自在に制御する技術を学び、新たな製品開発の一助となることを講義の目的としています。

 

担当講師

材料技術研究所 技術コンサルタント 技術士(化学部門) 渡辺 聡志 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.視覚のメカニズム および ヒトの感性
1.1 視覚訴求製品が求められる社会的背景
1.2 ヒトの色相認知機能と脳の働き
1.3 シルクと真珠から学ぶ ”美しい”という感覚
1.4  “なんとなく安っぽく感じる外観”の理由

 

2.製品外観に関与する技術の論点
2.1 視覚と可視光定量化の物理学
2.2 微妙な黒色をあやつる技術
2.3 塗装と印刷の本質的な違い
2.4 顔料微粒子化のメリットとデメリット

 

3.外観制御の基本技術
3.1 表面粗度の制御と製造法との相関
3.2 長期的な製品外観変化の予測技術
3.3 誤解の多い二酸化チタンの配合
3.4 ゴムの外観に変化を与える要素技術

 

4.顔料の科学的理解と配合の基礎
4.1 顔料の種類と配合特性
4.2 有機顔料の発色原理と化学
4.3 電子論で説明する染料と顔料の違い
4.4 新機軸材料「構造色顔料」の発色機構

 

質疑応答・名刺交換


※本セミナーは事前リクエストがご利用できません。
※ご質問は相互理解を重視した当日の質疑応答のお時間をご利用ください。

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

上記価格より:(同一法人に限ります)

  • 2名で参加の場合1名につき7,700円割引
  • 3名以上で参加の場合1名につき11,000円割引
    ※キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料適用外セミナーです

 

配布資料

  • 会場受講:製本テキスト・PDFテキスト(印刷不可)
  • Live配信受講:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)・PDFテキスト(印刷不可)
    ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
    ※開催日の4~5日前に発送します。開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
    ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
  • アーカイブ配信受講:製本テキスト(開催日を目安に発送)・PDFテキスト(印刷不可)
    ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
    ※PDFテキストはマイページより任意でダウンロードいただきます。

 

オンライン配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料・会場受講は昼食付
  • 講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
  • 講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【会場受講】【Live配信】【WEBセミナー】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

Pocket

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売