医薬品や化粧品の経皮吸収とその評価方法【提携セミナー】

医薬品_化粧品の経皮吸収

医薬品や化粧品の経皮吸収とその評価方法【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

藤堂 浩明 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

代替膜モデルの特徴と注意点とは?

物質の皮膚透過を促進させるための様々な方法についても紹介いたします!

 

医薬品や化粧品の経皮吸収とその評価方法

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

皮膚透過性は、医薬品や化粧品有効成分の有効性の評価だけでなく、化学物質の安全性の評価方法としても重要である。

 

本セミナーでは、物質の皮膚透過の理論や3次元培養ヒト皮膚モデルや人工膜などのヒト皮膚代替膜を用いた皮膚透過性試験の実験方法や得られたデータを解析する際の注意点についても述べる。

 

さらに、物質の皮膚透過を促進させるための様々な方法についても併せて紹介する。

 

◆ 習得できる知識

〇 In vitro皮膚透過試験法
〇 代替膜モデルの特徴と注意点
〇 経皮送達促進手法

 

◆ キーワード

  • 経皮吸収,製剤,医薬品,化粧品,講習会,研修,セミナー,Web,LIVE

 

担当講師

城西大学 薬学部 准教授 博士(薬学) 藤堂 浩明 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに

 

2.皮膚の構造と薬物の皮膚透過ルート
2−1 皮膚浸透収、皮膚透過、経皮吸収の違い
2−2 物質の透過ルート

 

3. 物性と経皮吸収性の関係
3−1 経皮吸収性に及ぼす極性の影響
3−2 経皮吸収性に及ぼす分子量の影響
3−3 Fickの拡散式と経皮吸収

 

4. 活量と経皮吸収性の関係
4−1 活量を用いた皮膚透過式
4−2 活量と経皮吸収性
4−3 溶解度と活量

 

5.経皮吸収と皮膚中濃度

 

6.経皮吸収実験法と動物実験代替法
6−1 In vivo/in vitro透過性試験方法
6−2 培養皮膚を用いた透過性評価
6−3 透過性解析方法

 

7.In silico皮膚透過性予測

 

8.動物実験代替膜を用いた皮膚透過試験法
8−1 培養皮膚を用いた実験法
8−2 その他人工膜を用いた実験法

 

9.皮膚透過促進法 
9−1 化学的促進法
9−2 物理的促進法

 

10.皮膚バリア回復方法について

 

11. まとめ 

 

【質疑応答・名刺交換】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付
  • セミナー資料は事前にお送りいたします。
  • 講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売