タッチパネルへの最近の要求特性・機能と対応技術~車載他アプリケーション・コロナ対応等~【提携セミナー】

タッチパネル_要求特性

タッチパネルへの最近の要求特性・機能と対応技術~車載他アプリケーション・コロナ対応等~【提携セミナー】

開催日時 2021/3/4(木) 12:30~16:30
担当講師

中谷 健司 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:41,800円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:46,200円

タッチパネルの用途拡大に伴う要求性能の高度化に加え、
コロナ禍によるタッチレス抗ウイルス性への対応も求められる状況に?!
★市場要求に応える各種方式における曲面化・非接触技術や
フィルムセンサー・カバー材料・抗ウイルス性付与等の部材技術まで!

 

タッチパネルへの

最近の要求特性・機能と対応技術

~車載他各種アプリケーションへの課題対応・コロナ対応等~

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

タッチパネルの用途は益々拡大しており、FPD向けの単純なタッチパネルだけでなく、車載用途や携帯型(Foldable,Rollable)など、目的を絞った用途向けタッチパネルが注目されている。それに伴い、大型化や可とう性・曲面パネル等、対応する技術が求められてきている。

 

特に車載用途では、ディスプレイの大型化とともにコネクテッドカーとしてインターネットなどとも接続されるようになりCID(センターインフォアメーションディスプレイ)と呼ばれる装置が導入されようとしている。

 

タッチパネル市場の大部分を占める静電容量式タッチパネルだが、現在の課題は感度向上と大型化に対応した、可とう性を有するパネル材料(透明電極フィルム)である。

 

CIDでは車内空間を有効に利用するために、曲面化や異形化が要望されている。これら曲面化や異形化技術は、Foldable,Rollableパネルにおいても同様に必要なキーテクノロジーとなる。

 

LCDもOLEDと同じように曲面化が可能な開発が進んでおり、タッチパネルではフィルム基板センサーを用いたパネルが開発されている。

 

ここでは、低抵抗で且つ曲面、可とう性用途に適した材料であるメタル系センサーフィルムについて、その特性や技術動向を述べる。メタル系センサーの種類・作成方法も10種以上が提案されており、その利点、問題点も同時に解説する。

 

また、タッチパネルの曲面化・異形化のためには、センサーのみならずカバー材料やOCAなどの部材、さらにこれらをまとめて曲面化する技術も必要となってくる。当講座ではセンサー材料から他の部材、曲面化技術まで幅広く紹介する

 

これらの要求に加え、最近ではコロナウイルスの流行により 接触による感染が恐れられる事態となっている。タッチパネルは基本的に接触が必要なデバイスであるが、このような状況の中、各種の非接触パネルが開発されている。又、接触が避けられないとして、パネルの表面に抗菌・抗ウイルスの特性が付与されたタッチパネルも展開されている。

 

本セミナーでは、このような現在のタッチパネルに求められる様々な要求特性・機能をふまえ、そのために必要な技術的課題や対応技術・材料などについて解説する。

 

◆ 受講対象

  • タッチパネルの基礎から 最近の具体的用途までを知りたい人
  • タッチパネルにかかわる材料・部材メーカー、およびタッチパネルを使用した製品のセットメーカー担当者等

 

◆ 受講後、習得できること

  • タッチパネルに必要な特性が何かをつかみ 実用化する方法

 

担当講師

静岡大学 電子工学研究所 客員教授
NRI 代表 工学博士  中谷 健司 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.タッチパネルの種類・市場と要求特性、課題等
1-1 タッチパネルの市場動向
1-2 車載パネルへの要求(曲面、異形等)と動向・課題
1-3 Foldable,Rollableパネルへの要求と動向・課題
1-4 大型、デジタルサイネージ用途における要求と課題
1-5 コロナ下で求められる要求特性(非接触・抗ウイルス性等)
1-6 非接触が可能なタッチパネルは何か?

 

2.静電容量タッチパネルの基礎および対応技術
2-1 静電容量タッチパネルの原理
2-2 静電容量タッチパネルの目的別課題
2-3 大面積化と曲面化に必要な条件
2-4 静電容量タッチパネルと非接触入力の関係

 

3. 可とう性、曲面タッチパネルに必要なフィルムセンサーの技術動向と要求特性
3-1 新規透明導電性膜の種類と特徴
3-2 Cuメタルメッシュセンサ、SpiderNetパネルの特徴
3-3 銀メタルメッシュセンサー
3-4 メタルメッシュセンサー材料の種類
3-5 メタルメッシュセンサーの作成方法
3-6 メタルメッシュセンサーでの検出
3-7 メタルメッシュセンサーの課題と対策
3-8 その他の金属センサー

 

4. 曲面化、フレキシブル化を実現するタッチパネル用カバー材料と要求特性
4-1 カバー材料はガラスかポリマーか?
4-2 プラスチックカバー材の種類と課題
4-3 オールプラスチックタッチパネルの構造
4-4 メタルメッシュに適応した曲面化作成法
(ラミネート法、インモールド射出成型、プレス成型)
4-5 貼り合わせ用光学接着剤
4-6 反射防止や傷付き防止などの表面処理

 

5.非接触タッチパネルの原理及び技術動向
5-1 光学式タッチパネルの原理と非接触入力
5-2 空間デイスプレイの種類と原理
5-3 光学式TOF検出法
5-4 タッチの触感付与法
5-5 現状の感度・性能と課題

 

6.タッチパネルへの抗菌・抗ウイルス性付与技術
6-1 抗菌・抗ウイルス材料の種類と原理
6-2 金属系、酸化物系材料
6-3 抗菌・抗ウイルスフィルム

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年3月4日(木) 12:30-16:30

 

開催場所

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

★ ライブ配信(Zoomでの受講が難しい方へ)

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

  • 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)

*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

  • 【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名46,200円(税込(消費税10%)、資料付)

*1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,200円

 

学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

配布資料

  • 配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
    (開催1週前~前日までには送付致します)。
    *準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
    (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売