界面活性剤の基礎と応用ならびに最近の話題【提携セミナー】

泡

界面活性剤の基礎と応用ならびに最近の話題【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

片山 詔久 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費

★界面科学を基礎から修得して、

界面活性剤を各産業界で利用するために

必要な知識と活用例をお話しいたします。

 

界面活性剤の基礎と応用ならびに最近の話題

《分類と分子構造から活用まで》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

界面活性剤は、様々な産業界で幅広く利用されている反面、最近では大学での関連する講座が減る傾向にあるなど、界面科学に対する基礎知識が不足しています。そこで本講座では、界面科学を基礎から修得して、界面活性剤を各産業界で利用するために必要な知識と活用例をお話しいたします。

 

◆ キーワード

イオン性界面活性剤、臨界ミセル濃度(CMC)、乳化・可溶化、HLB、
CPP、クラフト点と曇点、表面張力と接触角

 

◆ イオン性界面活性剤、臨界ミセル濃度(CMC)、乳化・可溶化、HLB、
CPP、クラフト点と曇点、表面張力と接触角、

 

 受講対象者
・ 界面科学関連企業の新入社員
・ 業務上界面科学の基礎知識が必要となった中堅社員や営業関係の方
・ 本テーマに興味のある方なら、どなたでも

 

 必要な予備知識や事前に目を通しておくと理解が深まる文献、サイトなど
・ 高校卒業レベルの化学の知識。
・ 関連企業や日本界面活性剤工業会などが公開している解説サイトや、書籍「第4版 現代界面コロイド化学の基礎、日本化学会編、丸善、2018」を一読すると、更に理解が深まる。

 

◆ 受講後、習得できること

・界面科学の基礎知識
・界面活性剤に関わる指標の意味
・界面活性剤の選び方
・洗浄や乳化の原理

 

担当講師

名古屋市立大学 大学院理学研究科 准教授 片山 詔久氏

 

セミナープログラム(予定)

1.界面とコロイド
1.1 バルクと表面
1.2 クラスターとコロイドと界面
1.3 界面とは

 

2.界面活性剤とは
2.1 界面活性剤の歴史
2.2 界面活性剤の概要

 

3.界面活性剤の種類
3.1 溶解性による区別
3.2 イオン性による区別
3.3 界面活性を占めす部分のイオンによる分類

 

4.界面活性剤の一般的な分子構造とはたらき
4.1 陰イオン(アニオン)性界面活性剤
4.2 陽イオン(カチオン)性界面活性剤
4.3 双性(両性)界面活性剤
4.4 非イオン(ノニオン)性界面活性剤

 

5.界面活性剤の集合状態
5.1 ミセル形成と臨界ミセル濃度(CMC)
5.2 乳化と可溶化
5.3 吸着現象
5.4 臨界充填パラメータ(CPP)
5.5 親水親油バランス(HLB)

 

6.界面活性剤の溶解性
6.1 クラフト点
6.2 曇点

 

7.表面張力
7.1 表面張力とは
7.2 ぬれ性、接触角、界面張力
7.3 ギブス吸着等温式

 

8.界面活性剤の利用例と最近の話題
8.1 リンスインシャンプー
8.2 ファインバブル
8.3 いろいろな最近の話題

 

9.まとめ

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

受講料

未定

 

配布資料

配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。

準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

備考

当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)

本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売