生産性を高める自動化に不可欠な新製品開発における信頼性設計の展開手法【提携セミナー】

信頼性設計の展開手法

生産性を高める自動化に不可欠な新製品開発における信頼性設計の展開手法【提携セミナー】

開催日時 2021/2/22(月)13:00~17:00
担当講師

村山 省己 氏

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)

~製品の事故や故障の発生及び品質不具合を出さない

信頼性設計の考え方と品質機能展開の具体的な方法を学ぶ~

 

生産性を高める自動化に不可欠な

新製品開発における信頼性設計の展開手法

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

工場の生産性を向上し収益を高めていくためには生産設備や生産ラインの自動化やロボット化は不可欠です。

 

そのためには、工程品質のばらつきを把握し、許容範囲内に品質を抑え込むためのしっかりとした対策を行う必要があります。すなわち、統計手法を活用した工程能力を管理し信頼性の高い安定した生産ができる生産設備や生産ラインの構築が必要となります。これを実現するためには、製品開発段階の製品設計プロセスにおいて、FTAまたはFMEAを活用することで設計の弱点を指摘し対策を行い、製品の信頼性のレベルを高めることが重要となります。また、生産準備段階の工程設計プロセスにおいては、製品の機能、品質を満足させるため、QFD手法を活用した品質の落とし込みにより最適な工程計画を実現しなければなりません。

 

このようにして、それぞれの設計プロセスにおける対策を行うことで、より安定した不良品の出ない信頼性の高い自動化された生産設備、生産ラインの構築が可能になります。

 

本セミナーでは、製品開発プロセスにおける最適設計やロバスト設計の手法を学び、さらには、代表的な信頼性を高める手法であるFTA及びFMEAを事例から習得します。また、生産の自動化を進めていくために不可欠な要求品質の展開手法としてのQFD(品質機能展開)を学習し、故障モードにつながる重要部品の品質特性と許容値を機能面から工程計画により落とし込む方法を習得します。

 

製品開発を担当している製品設計者に限らず、生産設備及び生産ラインの信頼性を上げ、安定的な生産ができる自動化システムの構築を検討されている生産技術の方々、工程計画や品質管理を担当されている方々まで幅広く、多くの方々の参加をお勧めします。競争力のある生産性の高い自動化ラインの構築に向けて品質保証の観点から本セミナーを役立てていただければ幸いです。

 

◆ 持参物

  • 関数電卓(三角関数・√ の計算ができるもの)

 

◆ 習得できる知識

1.ばらつきと統計的管理手法
2.最適設計とロバスト設計
3.FTAとFMEA
4.QFD(品質機能展開)

 

◆ キーワード

  • FMEA,FTA,QFD,故障,ロバスト,材料,部品,WEBセミナー,講習会

 

担当講師

TSF自動化研究所 代表 村山 省己 氏<東海大学工学部機械工学科非常勤教員(元教授)>

 

セミナープログラム(予定)

1. ばらつきと統計的管理手法
1.1  「ばらつき」とは・・・測定した不規則な数値から正規分布のパラメータを考える
1.2 平均値と標準偏差の算出方法・・・標準偏差の算出方法を学び偏差値を計算してみる(演習)
1.3 標本分散と不偏標本分散・・・不偏標本分散を学んで標本分散との違いを考える
1.4 設計における「ばらつき」・・・ばらつきの発生を学び発生要因を考える
1.5 統計手法と工程能力指数(Cp値)・・・工程能力指数の算出方法を学び計算してみる(演習)

 

2.最適設計とロバスト設計 
2.1 最適設計とは・・・目標関数から目標特性、設計変数の最適値を考える
2.2 最急勾配法とは・・・目標関数の微分値ゼロのポイントを探す厳密解法を学習する
2.3 粒子最適法とは・・・ヒューリスティスクのアルゴリズムを学習し計算してみる(演習)
2.4 ロバスト設計法と事例・・・設計事例からロバスト設計法を習得する(演習)

 

3.FTAとFMEA
3.1 製品開発プロセスと評価法・・・要求品質と不具合を検証する評価方法を学ぶ
3.2 FTA・FMEAとは・・・設計不具合・製品不具合の原因究明の手法を学ぶ
3.3 FTAの事例・・・芝刈り機の事故にFTAを用いた事例から手法を学ぶ(演習)
3.4 FMEAの事例・・・懐中電灯の故障にFMEAを用いた事例から手法を学ぶ(演習)

 

4.QFD(品質機能展開)
4.1 製品開発の検証プロセス・・・製品開発と信頼性設計の重要性を学ぶ
4.2 QFDとは・・・要求品質と品質特性の関連からQFDの必要性を学ぶ
4.3 QFD評価手順・・・品質表の作成方法を学びQFDの実践力を身に付ける
4.4 QFD展開資料作成の注意点・・・重要部品選定と設計計算検証のプロセスを学ぶ
4.5 工程計画への展開・・・品質信頼性の高い自動化ラインの基本計画を策定する

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年02月22日(月)13:00~17:00

 

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 49,500円(税込)
会員:  46,200円(税込)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で 49,500円(税込)から
★1名で申込の場合、 46,200円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計 49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
  • 講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売