細胞・再生医療の実用化に向けた課題【提携セミナー】

細胞と再生医療

細胞・再生医療の実用化に向けた課題【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

熊谷博道 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

~細胞培養・3次元培養技術~

 

細胞・再生医療の実用化に向けた課題

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

再生医療は将来技術として国民の期待も高く、2006年山中教授によるiPS細胞技術の開発を機に、産学官共同での試みが積極的に進められている。実際、日本医療研究開発機構(AMED)を中心に多くの研究開発プロジェクトが推進されてきた。

 

また、薬事法が改正され(薬機法)、再生医療等製品が医薬品・医療機器から独立した医療製品カテゴリーとして位置付けられると共に、新たな承認制度が作られるなど、早期実現の環境作りが進んでいる。さらに、iPS細胞を含めた多能性幹細胞は、再生医療のみならず、難治疾患の病因解明や新薬開発に有用である。2018年~19年にかけ、複数のiPS由来の各種細胞を用いた臨床試験・治験が開始され、いよいよ実用化段階に来たといえる。

 

一方で、実用化にあたってはまだいくつかの課題がある。そのうちの一つが、低コスト・大量に細胞加工する技術である。我々は、AMEDプロジェクトの一つである「再生医療実現拠点ネットワークプログラム」に参画し、iPS細胞の大量培養プラットフォーム技術開発を行ってきた。本講座では、いよいよ実用化段階に突入した再生医療分野の概要を紹介すると共に、実用化のための課題である「多能性幹細胞の3次元培養技術」を紹介する。本技術の内容に関心のある方の一助になれば幸いです。

 

ここでは、ランダムコイル状態から三次元的に配列した結晶に至るまでのプロセス、繊維作成時、成形加工時における高分子の結晶生成プロセスなどを詳述する。特に、現在、非常に大きな進歩を遂げている結晶化メカニズムの解析法について取り上げる。最新の放射光X線による高輝度・高強度X線を用いた解析法、中性子を用いた解析法、熱分析法、界面における結晶成長の観察などについてである。これらの技術を用いた高分子の結晶化メカニズムに対する基本的な考え方、解析ノウハウについて述べる。

 

担当講師

(株)AGC総研 フェロー・理学博士 熊谷博道 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに

 

2.再生医療実現に向けた取り組み
2-1 再生医療とは
2-2 再生医療実現に向けた取り組み
2-3 再生医療の課題

 

3.再生医療実現に向けた多能性幹細胞の大量培養
3-1 細胞培養の要件
3-2 培養容器(平面培養・スフェロイドなど)
3-3 培地及び培地成分(無血清培地、液性因子など)
3-4 多能性幹細胞培養の課題

 

4.多能性幹細胞の3次元培養
4-1 Scaffold型培養
4-2 Scaffold-free型培養
4-3 培養基材
4-4 課題
4-5 3次元培養容器の活用例

 

5.まとめ

 

6.質疑

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売