テラヘルツ技術が拓く新産業展開【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

斗内 政吉 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

★情報通信(Beyond5G)、バイオ・医療、半導体、検査・分析、セキュリティほか

多分野で期待高まるテラヘルツ波の実際を阪大 斗内教授が詳解!

 

テラヘルツ技術が拓く新産業展開
~基礎から、様々な応用事例、将来展望まで~

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

■ はじめに:
テラヘルツ光科学は、エレクトロニクスとフォトニクスを繋ぐ新しい研究分野であり、周波数で言うと300GHz-30THz近傍の光/電磁波/電気信号が主役となる領域である。

 

近年、様々なブレークスルーがもたらされ、新しいテラヘルツ科学と技術が誕生してきている。テラヘルツ技術とは、テラヘルツ波、テラヘルツフォトニクス、テラヘルツエレクトロニクスの包括する、幅広い技術をさし、様々な研究開発分野を結ぶ横糸として位置付けることができる。

 

それら三分野の融合により、生命・医療・健康・工業・宇宙・環境・安全/安心・情報通信・基礎科学など、広範な領域において、新規科学技術・応用分野を切り拓き、大きな波及効果をもたらすことが期待される。

 

本セミナーでは、テラヘルツ技術が拓く新産業展開に的を絞り、基盤技術と将来展望、ならびに応用事例について解説する。

 

■ 受講対象者:

  • テラヘルツ波を用いた、新規事業開拓(非破壊検査、バイオ・医療分析器など)にご興味のある方なら誰でも受講可能です。

 

■ 必要な予備知識:

  • 大学卒業レベルの工学基礎知識(電磁気学・光学・半導体工学など)を取得していることが望ましいが、新規事業開拓などの、調査などにもわかりやすい内容でも講義する。

 

■ 参考文献(事前に予習したい方・必須ではありません)

  • 斗内政吉監修 「テラヘルツ技術」 オーム社 2006年
  • 斗内政吉監修 「テラヘルツ波新産業」《普及版》 シーエムシー出版 2017年

 

■ 本セミナーで習得できること:

  • テラヘルツ波技術基礎、その応用展望(半導体検査装置、非破壊検査、バイオ分析、分析器開発、医療応用の可能性など)、高周波情報通信への展望を知ることができる

 

■ ご講演中のキーワード:

  • テラヘルツ技術
  • テラヘルツ通信
  • テラヘルツ電磁波
  • 新産業
  • バイオ・医療応用
  • 非破壊検査
  • 半導体検査装置、安全安心・セキュリティー
  • ビヨンド5G
  • 宇宙応用

 

担当講師

大阪大学 レーザー科学研究所 教授 斗内 政吉 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.注目されるテラヘルツ技術
1)テラヘルツ研究の歩みと最近の進展
2)テラヘルツテクノロジーの新展開
3)応用が見込まれる分野

 

2.テラヘルツ基盤技術
1)テラヘルツ光源
2)テラヘルツ検出技術
3)テラヘルツ分光・イメージングシステム
4)テラヘルツ情報通信基盤技術
5)様々な要素技術とデバイス

 

3.テラヘルツ技術が拓く未来(具体的な応用展望)
1)テラヘルツ情報通信(ビヨンド5G)
2)安全・安心社会のキーテクノロジー
3)バイオ・医療診断応用
4)次世代半導体・ナノ材料分析/検査技術
5)非破壊検査

 

4.新産業創成研究開発戦略

 

5.斗内研究室のテラヘルツ研究と新産業応用開拓
1)レーザーテラヘルツ放射顕微鏡(LTEM)
2)LTEMの基礎物性科学応用
3)LTEMの半導体産業用
a)ワイドギャップ半導体評価
b)太陽電池非破壊検査
c)半導体パッシベーション分析
d)LSI不良箇所特定検査
4)新電子材料(グラフェン・ナノチューブ等)テラヘルツ電磁波物性
5)癌診断イメージング技術開発(オンサイト診断を目指して)
6)高感度テラヘルツマイクロ流路チップ開発

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

★ ライブ配信(Zoomでの受講が難しい方へ)

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

未定

 

配布資料

  • 配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
  • お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
  • お申込みは4営業日前までを推奨します。
  • それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
  • ご受講前に必ず本ページ内の「ライブ配信」の詳細を確認下さい。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売