通信の高速化に向けたMIMOアンテナの評価・設計のポイント【提携セミナー】

アンテナ

通信の高速化に向けたMIMOアンテナの評価・設計のポイント【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

本間 尚樹 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

MIMOアンテナの基礎から評価・設計法について、

多くのエンジニアが陥る落とし穴や間違いを学び、

正しい評価法・真の高性能化について理解しよう!

通信の高速化に向けた

MIMOアンテナの評価・設計のポイント

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

本セミナーでは、RF・アンテナ初級者から中級者を対象として、MIMOアンテナの基礎から評価・設計法についてレクチャーします。

多くのアナログエンジニアにとって、MIMOはハードルが高く理解することが難しく思われがちですが、アナログ的な視点でMIMOをできるだけ平易に解説し、MIMOアンテナ設計・評価のポイントを身に着けることを目的としています。
まず、MIMOアンテナ理解に必要となる回路理論・アンテナ工学の基礎と、MIMOに関わる簡単な信号処理について解説します。続けて、MIMOアンテナの評価法については、MIMOアンテナの性能の基本的な概念について説明するとともに、実際の評価手法の例について紹介します。

特にMIMOアンテナ評価や設計に関して、多くのエンジニアが陥る落とし穴や間違いについて説明し、正しい評価法・真の高性能化について理解することを目指します。

 

◆習得できる知識

・MIMOアンテナの性能についての基本概念について習得できる。
・MIMOアンテナの設計法・評価法の基礎を習得できる。

 

◆受講対象

RF・アンテナ設計にたずさわって1~5年の技術者の方

 

◆必要な前提知識

電気回路と電磁気学(大学1・2年生程度)

 

◆キーワード

アンテナ,MIMO,RF,評価,設計,高性能化,通信,WEB,セミナー,講演,研修

 

 

担当講師

岩手大学 理工学部 教授 博士(工学) 本間 尚樹 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

 

1. はじめに

 

2. MIMOアンテナの理解に必要な電気回路とアンテナ工学の基礎
2-1. 伝送線路とn端子回路網
2-2. マルチアンテナの放射特性

 

3. MIMOシステムの基礎
3-1. MIMO信号モデル
3-2. 相関行列と相関係数

 

4. MIMOアンテナの評価と設計
4-1. 評価指標と落とし穴
4-2. 評価システム
4-3. 従来設計法との違い
4-4. MIMOアンテナの高性能化とありがちな間違い

 

5. おわりに

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売