医療電気機器EMC規格《IEC 60601-1-2最新4.1版の要求事項と対応技術》【提携セミナー】

医療電気機器EMC規格

医療電気機器EMC規格《IEC 60601-1-2最新4.1版の要求事項と対応技術》【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

倉西 英明 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

★IEC 60601-1-2 4.1版の基礎と要点(使用環境・リスク・イミュニティ・書類など)、

EMC試験の内容と適合のポイント、医療機器に特化したノイズ設計技術まで。

★メーカーでの設計から試験・対策までの幅広いご経験、

そしてわかりやすい解説に定評のある倉西氏のセミナーをオンライン開催!

 

医療電気機器EMC規格
-IEC 60601-1-2最新4.1版の要求事項と対応技術-

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

医用電気機器のEMC(EMD)は、規格そのものも、それに適合する技術も複雑で難度の高いものとなっています。また、昨年、IEC 60601-1-2:2014にAmendment1が発行され、4.1版となりました。国内は、4版に基づく改訂版JIS T 0601-1-2:2018が発行さていますが、これを適用する強制化が、2023/3/31(以降、非対応品は既存品でも販売不可)と決まり、対応が課題です。

 

本講座では、医用電気機器EMC(EMD)規格のIEC 60601-1-2 4.1版を元に、規格の基礎的な理解から、安全規格との関係、リスクマネジメントや作成ドキュメントの内容、試験の内容と対策技術面まで、医療機器メーカーで設計から試験・対策まで経験した講師が解説します。

 

◆ 受講対象者:

・医療機器EMC規格について、より詳しく知りたい方
・IEC 60601-1-2:2014+A1:2020(最新版)の情報を得たい方
・EMCに求められるリスクマネジメントでお困りの方
・EMC試験に設計段階から対処する技術を得たい方
・開発装置がEMC試験に合格せず、対策にお困りの方

 

◆ 必要な予備知識:

・医療電気機器の電気的な基礎知識
・EMC一般の基礎知識

 

◆ 本セミナーで習得できること:

・医療機器EMC規格 IEC 60601-1-2 4.1版の情報
・IEC 60601-1-2の要点(使用環境・リスク・イミュニティ・書類)
・IECに基づくEMC試験とその内容、適合ポイント
・厳しい試験レベルに対応する「ノイズを設計する技術」
など

 

◆ 過去、倉西先生の医療電子機器EMCセミナーを受講された方の声(一例):

・規格/技術の両面からお話頂いたので、視野が広がりました。
・配布テキストの完成度が高く、理解の助けになりました。
・規格の要点や、リスクマネジメント方法についてよくわかりました。
・メカ設計の立場からの参加でしたが、分かりやすい内容でした。
・ご質問にも丁寧に回答頂き助かります。本日は大変勉強になりました。

 

担当講師

倉西技術士事務所 所長 倉西 英明 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.医用電気機器EMC規格
1.1 EMC規格の基礎
1.1.1 規格・規制の関係
1.1.2 規格の相互関係
1.1.3 QMSとEMC試験の関係
1.1.4 医療EMC規格の変遷
1.1.5 安全規格とEMC規格
1.1.6 EMC試験の流れ
1.2 IEC 60601-1-2 4.1版
1.2.1 変更の概要
1.2.2 試験条件等の変更
1.2.3 追加試験項目(近傍磁界)
1.2.4 その他の変更
1.3 使用環境と電磁妨害
1.3.1 使用を意図する場所と電磁妨害
1.3.2 使用場所の3類型
1.3.3 予見可能な最大の電磁妨害
1.4 リスクマネジメント
1.4.1 リスクマネジメントの導入
1.4.2 リスクマネジメントとは
1.4.3 リスク分析
1.4.4 リスク評価
1.4.5 リスクコントロール
1.4.6 リスクマネジメントファイル
1.4.7 リスクマネジメントの要求
1.5 イミュニティ合否判定
1.5.1 合否基準の決め方
1.5.2 定義の明確化と現実に起こること
1.5.3 監視と記録の方法
1.5.4 イミュニティ試験時の現実問題
1.6 ドキュメント作成
1.6.1 試験計画書の作成
1.6.2 試験報告書の記載項目

 

2.IEC 60601-1-2 試験と対応法
2.1 エミッション
2.1.1 雑音端子電圧
2.1.2 雑音電界強度
2.1.3 電源高調波
2.1.4 フリッカ
2.2 イミュニティ
2.2.1 静電気放電
2.2.2 無線周波電磁界放射
2.2.3 ファーストトランジェント/バースト
2.2.4 雷サージ
2.2.5 無線周波電磁界伝導
2.2.6 電源周波数磁界
2.2.7 電源電圧ディップ・瞬停
2.2.8 近傍磁界

 

3.医療機器のノイズ設計技術
3.1 「ノイズ設計」という考え方
3.1.1 医療機器特有の事情
3.1.2 基本的な考え方
3.1.3 購入品・外部設計品の問題
3.1.4 ノイズ問題のコスト感覚
3.2 ノイズ設計の実際
3.2.1 基本はGNDの強化から
3.2.2 基板の設計
3.2.3 ケーブルの設計
3.2.4 対策部品の適材適所

 

<質疑応答>

 

■ご講演中のキーワード:
医用電気機器、電磁両立性(EMD)試験、JIS規格、IEC規格、ノイズ設計、リスクマネジメント、イミュニティ、エミッション

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

★ ライブ配信(Zoomでの受講が難しい方へ)

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

未定

 

配布資料

配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
お申込みは4営業日前までを推奨します。
それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けEラーニング講座一覧

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売