上司・顧客を唸らすロジカルライティング・スピーキング技術【提携セミナー】

上司・顧客を唸らすロジカルライティング・スピーキング技術セミナー

上司・顧客を唸らすロジカルライティング・スピーキング技術【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

酒井 勇貴 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

ビジネスパーソンの必須スキル!ロジカルシンキングを実務で使いこなす!
論理的な文章作成、説得力のある話し方を習得する!

 

上司・顧客を唸らすロジカルライティング・スピーキング技術

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

ビジネスパーソンの必須スキルと言っても過言ではない“ロジカルシンキング”。しかし、この“ロジカルシンキング”だけをいくら学んでも実務では殆ど役には立ちません。その理由は“ロジカルシンキング”があくまでも“ツール(道具)”に過ぎないからです。一方、もし日々のビジネスコミュニケーション(文章や会話)でこのロジカルシンキングが使いこなせるようになれば、上司や顧客からの評価は間違いなく高くなります。なぜなら、重要なことが上司や顧客に正しく早く伝わるようになり、ビジネスが円滑に進むようになるからです。それは技術系の業務も例外ではありません。いち早く“ロジカルシンキング”を“使いこなすレベル”にして、エンジニアとして、そしてビジネスパーソンとしてもステップアップしていきましょう。

 

 得られる知識

  • “抜けなく・漏れなく・ダブりなく”という基本的なロジカルシンキングの技法が習得できます。
  • さらに“ロジカルシンキング”を実務で使いこなすための“応用力”が習得できます。
  • ロジカルシンキングをベースにした“論理的な文章作成”の技法が習得できます。さらに“早く文章を書くためのコツ”も習得できます。
  • ロジカルシンキングをベースにした“説得力のある話し方”の“基本型”が習得できます。
  • ロジカルシンキングをベースにした“批判的思考力” や“ティーチング力”が習得できます。

 

◆ 対象

研究開発・生産技術等に関わる若手や新人の方。

 

 

担当講師

合同会社クレイジーコンサルティング 代表社員 酒井 勇貴 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

1.ロジカルシンキングとは?
1-1 AI・ロボット時代に求められる基本スキルとは?
​ 1-2 “ロジカル”とはどういうことを意味するのか?
1-3“勘・経験・感情・感覚”では真因を見つけ出せない。
1-4“ヌケなく・モレなく・ダブリなく”がなぜ重要なのか?

 

2.ロジカルシンキングを自在に操る
2-1 ロジカルシンキングの“3つ”のパターン
2-2 ツリー状に分解して考える(WHY/HOW/WHAT)
2-3 マトリックスで分類して考えを整理する
2-4 プロセスに分解してボトルネックを発見する

 

3.ロジカルシンキングとビジネス
3-1 “ロジカル”とは“言葉を大切にする思考”と同義である。
3-2 ロジカルシンキングとクリティカルシンキング

 

4.ロジカルライティング
4-1 論理的な文章構成作りに役立つ“ピラミッドストラクチャー”とは?
4-2 まずは“ゴール”を決める
4-3 パラグラフ(目次)を決める
4-4 肉付けをする

 

5.ロジカルスピーキング
5-1 説得力のある表現技法“PREP法”とは?
5-2 “PREP法”を更に簡単にした“ナビゲーティング技法”とは?
5-3 技術系のプレゼンで使える“SDS法”とは?
5-4 商品・サービスの魅力を伝え尽くす“FABE法”とは?
5-5 わかりやすく相手に伝える“プロセス思考”とは?

 

6.ロジカルシンキングとクリティカルシンキング
6-1 エンジニアにこそ求められる“批判的思考力”とは何か?
6-2 “批判”ではなく“批判的に考える”ということの重要性とは?
6-3 クリティカルシンキングとディベート力

 

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売