韓国における化学物質規制の最新動向【提携セミナー】

開催日時 2020/12/11(金)12:30-16:30
担当講師

伊藤 眞至  氏

開催場所

[東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)

6階 D会議室

定員 -
受講費 41,800円

産安法、化管法、化評法、化学製品安全法 ..等
規制対応のための現状把握ができます!

 

韓国における
化学物質規制
最新動向

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

改訂産安法の下位法令が昨年末及び本年初にようやく公布され、改訂産安法とともにこの1月から施行が始まりました。

 

MSDSに関する条項については施行日が2021.01.16.で1年の猶予期間が設けられています。とはいえ、全成分の雇用労働部への開示や営業秘密の事前審査制度等、産業界にとって難しい局面を迎えることになりましたので、その解説と対応法を説明します。

 

一方、化管法についても法律,施行令,施行規則が改訂公布されましたが、環境部公告第2018-368(2018.05.03.)で提案されていた「化学物質確認番号付与,OR制度導入等」は反映されておりません。セミナーまでに進展があれば最新情報を、進展していなければ現行と改訂案を説明します。
また、化評法や化学製品安全法は公布されている法律,施行令,施行規則について解説します。

 

◆ 参加して得られる知識

  • 化学物質確認の申告制
  • 既存化学物質登録の事前申告
  • 新規化学物質の申告・登録
  • 産安法による成分開示
  • 営業秘密の審査制度

 

担当講師

日本ケミカルデータベース (株) 法規制調査スペシャリスト 伊藤 眞至 氏

 

セミナープログラム(予定)

1 法規制の概要
1.1 主要 法令の動向
1.2 化学物質

 

2 化管法
2.1 有害化学物質
2.2 化学物質確認

 

3 化評法
3.1 法の概要
3.2 化学物質の登録

 

4 化学製品安全法
4.1 法の概要
4.2 殺生物剤の登録

 

5 産安法
5.1 法の概要
5.2 MSDS

 

~質疑応答~

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【会場受講】2020年12月11日(金) 12:30-16:30

【Live受講】2020年12月11日(金) 12:30-16:30

 

開催場所

【会場受講】[東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階D会議室

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

配布資料

  • 配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
  • お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
  • お申込みは4営業日前までを推奨します。
  • それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

  • 録音・撮影行為は固くお断り致します。
  • 講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
  • 講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  • 場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
    *PC実習講座を除きます。
  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【会場受講】【Live配信受講】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

Pocket

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売