かゆみのメカニズムおよびかゆみの研究・治療薬の現状【提携セミナー】

かゆみのメカニズム

かゆみのメカニズムおよびかゆみの研究・治療薬の現状【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/7/21(水)13:00~16:00
担当講師

安東 嗣修 氏

開催場所

【ZOOMを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名 
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

かゆみの評価法、各種動物モデル、痒みの発症や制御メカニズムに加え、

最近の治療薬についても解説!

 

かゆみのメカニズム および

かゆみの研究・治療薬の現状

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

かゆみは,だれしも経験のある非常に不快な感覚です。特に,疾患の症状の一つしてのかゆみは,不眠など生活の質(QOL)の低下に加え,例えば皮膚や眼への掻爬により皮膚症状の更なる悪化や眼に至っては白内障へとつながる可能性が高い。従って,痒みの制御は非常に重要です。しかしながら,臨床で問題となる多くのかゆみは,第一選択薬である抗ヒスタミン薬が無効である場合が多く,その治療に苦慮している。かゆみは,主観的な感覚であり,古くはヒトで痒み研究が行われてきたが,倫理上の問題もありその研究はほとんど進んでいなかった。ようやく,二十数年前に動物をもちいた痒みの評価法が確立され,各種の動物モデルが作出され,新たな痒みのメカニズムが明らかにされ,現在に至っている。そこで,本講演では,かゆみの評価法やポイント,各種動物モデル,痒みの発症や制御メカニズムに加え,最近の治療薬に関して概説する。

 

 

◆キーワード

かゆみ、アトピー、アレルギー性皮膚炎、治療薬、セミナー、講習会

 

 

担当講師

金城学院大学 薬学部 病態薬理学 教授

安東 嗣修 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに

 

2.かゆみの評価法
2-1.ヒトにおける痒みの評価法
2-2.動物における痒みの評価法
2-3.マウスの行動観察の実践

 

3.痒みの動物モデル
3-1.起痒物質を用いた動物モデル
3-2.乾燥性皮膚掻痒症動物モデル
3-3.アレルギー性掻痒動物モデル
3-4.アトピー性皮膚炎動物モデル
3-5.内臓疾患の痒みの動物モデル
3-6.その他

 

4.痒みの発生機序と内因性制御機構
4-1.皮膚における痒みの発生機序
4-2.脊髄・脳における痒み伝達機序
4-3.眼における痒みの発生機序
4-4.内因性制御機構
5.治療薬の現状

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年07月21日(水) 13:00~16:00

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)
学生: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

 

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売