量子アニーリング等イジングマシンの研究開発動向【提携セミナー】

量子コンピュータ

量子アニーリング等イジングマシンの研究開発動向【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

田中 宗 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

イジングマシンとは何か?何ができるか?
乗り遅れないために今、知っておきたいイジングマシンの現状と開発動向

 

量子アニーリング等

イジングマシンの研究開発動向

 

《ハードウェア・ソフトウェア・アプリケーション探索》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

組合せ最適化問題(膨大な選択肢から、制約条件を満たし、ベストな選択肢を探索する問題)に対する新しい計算技術として、量子アニーリングやイジングマシンが注目を集めています。

 

2011年にカナダのベンチャー企業による世界初の商用量子アニーリングマシンが発表されて10年が経ち、現在この分野の研究開発はどのように進んでいるのか、量子アニーリング等イジングマシンの使い方、使い所はどこか、について、前提となる基礎知識についてはほとんど仮定せずに、基礎知識からはじめて最先端の研究開発事例に至るまでご説明いたします。

 

また講義最後には、フリーディスカッションの時間を用意させていただき、産学連携の研究開発につながる話題もお話できればと考えております。

 

◆ この講座を受講して得られる情報・知見
・量子アニーリング等イジングマシンの研究開発ならびに産業動向の概観
・量子アニーリング等イジングマシンのハードウェア開発の現状
・量子アニーリング等イジングマシンのソフトウェア開発の現状
・量子アニーリング等イジングマシンのアプリケーション探索の現状
・量子アニーリング等イジングマシンの利用方法

 

担当講師

慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科 准教授 博士(理学) 田中 宗 氏

 

セミナープログラム(予定)

1 次世代アクセラレータの種類と特徴
1.1 次世代アクセラレータに対する期待
1.2 ゲート式量子コンピュータ、イジングマシン

 

2 イジングマシンが対象とする領域
2.1 組合せ最適化問題の基礎
2.2 イジングマシンの入力形式:イジングモデル、QUBOの基礎

 

3 イジングマシンのハードウェア開発の状況
3.1 量子アニーリングマシン
3.2 さまざまな非量子アニーリングマシン

 

4 イジングマシンの利用の流れ
4.1 組合せ最適化問題の抽出方法のヒント
4.2 イジングモデルで表現する方法の基礎
4.3 イジングマシンに問題を入力する前に必要となる前処理
4.4 イジングマシンから解を得た後に必要となる後処理

 

5 イジングマシン向けソフトウェア開発の状況
5.1 オープンソースソフトウェア(OSS)の状況と使用方法(PyQUBO、OpenJij等)
5.2 ミドルウェア開発の状況と使用方法(Fixstars Amplify等)

 

6 イジングマシンを用いた応用探索事例・実証実験の事例

 

7 現在認識されている課題

 

8 まとめ・受講者の皆様とのフリーディスカッション

 

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

受講料

未定

 

配布資料

配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。
準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

備考

当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)

本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売