GMPの教育環境と社内体制のニューノーマル(新常態)を考える【提携セミナー】

GMPの教育環境_社内体制

GMPの教育環境と社内体制のニューノーマル(新常態)を考える【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

葛城 知子 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

☆コロナ禍により難しくなった「集団教育」。ただ「教育の場」を無くすわけにはいきません。

新しい教育訓練の進め方を考えるセミナー。

☆迫るGMP省令の改正。新GMP省令に対応するべき重要ポイントを押さえます。

 

GMPの教育環境と
社内体制のニューノーマル(新常態)を考える

-コロナ禍とGMP省令改正への速やかな対応を目指して-

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

新しい年2021年は、製薬工場あるいは職場の適応力が試される年と言える。新型コロナにより「三密を避ける」ことが新常態となった。これはGMP教育の従来の在り方に大きな変革を迫るものである。例えば集合教育ではマスクの着用により、受講者の表情を見ての説明のアドリブは困難である。また、Web会議とのハイブリッドも必要となる。もう一つの課題は2021年8月施行の新GMP省令への対応である。リスク評価、責任の明確化、そして記録の管理は大幅に強化された。このGMP省令への、速やかな対応のアプローチを提案する。

 

◆ 受講後、習得できること 
・“こんな時代だからこそ”の教育訓練の進め方
・GMP教育訓練の講師の育成
・改正GMP省令の重要ポイントの教育方法

 

◆ 本テーマ関連法規・ガイドラインなど
・GMP省令
・PIC/s GMP

 

◆ 講演中のキーワード
・新常態
・GMP教育
・ハイブリッド方式
・改正GMP省令
・GMP文書改訂

 

担当講師

佐藤薬品工業株式会社 品質保証本部 品質保証部 部長 葛城 知子 氏

 

セミナープログラム(予定)

① 多様な働き方と、新たな時代の教育訓練の進め方
・集合教育から、小人数での教育
・ビデオ、PCを用いたリモートでの教育
・新人のGMP教育のリモート教育は可能か(ハイブリッド方式の勧め)
・業界を超えたGMPと関連情報の学び方の事例

 

② 時代に沿ったGMP教育訓練のありかた
・教育の内容に応じた講師の選定
・教育テーマの細分化
・医療関係の事件、事故を自社の教育に導入する場合の留意事項
・教育訓練の実効性の確認
・共に学ぶことの大切さの理解

 

③ 2021年のGMP省令改正にむけて改正点とその教育方法
・そもそもGMP省令とは?
・製造部門・品質管理部門の職員のためのGMP省令の読み方
・対応の優先順位とその取り組みかた
・リスク評価の理解度を高めるには
・文書の階層化概念と管理の考え方

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

未定

 

配布資料

配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売