最新のフレキシブル・エレクトロニクスの市場動向と技術動向の進展【提携セミナー】

フレキシブル・エレクトロニクス

最新のフレキシブル・エレクトロニクスの市場動向と技術動向の進展【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/6/15(火)13:00~16:30
担当講師

沼倉 研史 氏

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 38,500円 (本体価格:35,000円)

最新のフレキシブル・エレクトロニクスの

市場動向と技術動向の進展

 

《プリント回路からフレキシブル・エレクトロニクスへ》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

近年、ウエラブル・エレクトロニクスの進展に伴い、柔軟な基材に様々な電子回路・部品を組み込んだフレキシブル・デバイスの需要が急速に拡大してきています。こうした次世代デバイスは、今後、世界中で巨大な市場を形成すると予想され、印刷エレクトロニクス技術にRTR生産方式を組み合わせれば、低コストの大量生産が可能になり、市場において優位な立場を確立できる可能性を秘めています。

しかしながら、フレキシブル・デバイスを実際に生産する場合、すべての工程をRTR化するのは現実的には容易でなく、強引なRTR化は、かえって生産性の低下と、コスト高をもたらします。RTRプロセスを生産プロセスのなかで有効に活用するには、合理的な製品設計と、バランスのとれた工程設計が必要になります。

本セミナーでは、前半ではフレキシブル・デバイスの最新開発動向について紹介し、後半では、実際の生産プロセスにいかにRTR 方式を効果的に活用するかを解説します。また、基材 となる様々な柔軟素材(フィルム、紙、エラストマー等)や、各種加工技術・装置などの最新情報についても紹介します。

 

◆習得できる知識

  • 実用的なフレキシブルデバイスの回路構成と設計
  • フレキシブルデバイスを作り上げる新しい材料について
  • 加工プロセス、特にアディティブプロセスである印刷技術について

 

◆受講対象

  • プリント基板設計技術者
  • ウエラブルデバイスの技術開発担当者
  • 印刷エレクトロニクスの技術開発担当者
  • 電子材料の開発担当者、企画担当者

 

 

 

 

担当講師

DKN RESEARCH LLC MANAGING DIRECTOR 沼倉 研史 氏

 

セミナープログラム(予定)

 

1.フレキシブル基板からフレキシブルエレクトロニクスへ
1.1 フレキシブルエレクトロニクスとは
1.2 印刷エレクトロニクスとの関係
1.3 エラスティック(伸縮性)エレクトロニクス
1.4 モノコック(熱成形)印刷回路
1.5その他のエレクトロニクスとの関係
〇透明エレクトロニクス

 

2.フレキシブルエレクトロニクスの用途
2.1 従来のシリコン/銅技術の置き換えではない
2.2 ウエアラブル、メディカルデバイスで実用化が進む
2.3 具体例を多数紹介(特にメディカル、ヘルスケア分野で)
2.4 市場の成長性

 

3.新しい材料がキー
3.1 これまでの基板材料とは異なる特性が求められる
〇伸縮性、粘着性、透明性、通気性、吸湿保湿性、生分解性、非アレルギー性、圧電性、その他
3.2 ラバー、紙、布、複合材、厚膜印刷インク、その他

 

4.基本構成と回路設計
4.1 片面回路、両面多層回路、機構回路
4.2 埋め込み部品回路
4.3 機能回路、能動回路、電源回路、発光回路、圧電回路
4.4 回路相互の接合

 

5.製造技術
5.1 回路構成、使用材料に応じて適切なプロセスを組み合わせる
〇フォトリソグラフィ/エッチング
〇印刷プロセス
〇ラミネーション/スパッタリング/湿式メッキ
〇熱成形
〇接合、部品実装、その他

 

6.量産への課題
6.1 RTRプロセスは万能ではない。
6.2 現実的な工程設計

 

7. まとめと質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年06月15日(火) 13:00~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 38,500円 (本体価格:35,000円)
学生: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
・1名で申込の場合、38,500円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売