変更・逸脱管理とOOS・OOTおよび一変申請・軽微変更届の判断基準【提携セミナー】

医薬製造

変更・逸脱管理とOOS・OOTおよび一変申請・軽微変更届の判断基準【提携セミナー】

開催日時 2020/11/18(水)10:30~16:30
担当講師

高平 正行 氏

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)

~最近のFDAの指摘事項などから逸脱・変更管理の実務対応のポイントを解説する~

 

変更・逸脱管理とOOS・OOTおよび

一変申請・軽微変更届の判断基準

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

PIC/SやICH Qトリオ、Q11~12等の進展によるGMPのグローバル化の中、医薬品の製造管理、品質管理を行う上で、変更・逸脱管理は日常的に緊急の対応を迫られるばかりでなく、その誤った対応によりGQP/GMP違反を起こしやすい重要事項である。製造販売業者や製造業者は一歩誤れば申請内容と製造実態との齟齬や乖離により、製品自主回収や業務停止命令などの大きな問題に発展することになる。

 

昨今、製造事業場内では新型コロナウイルス感染防止対策など全く予想だにしない出来事が起こっているが、そうした中にあっても、大小を問わず、多くの製薬企業がこの問題によりGMP違反の摘発を受けていることはご承知の通りである。また、一部変更申請、軽微変更申請をしようとした場合、軽微で良い場合、一変申請が必要な場合、それをどのようにどこまで記載するのかについては判断に迷う場合が多い。これらの判断基準について、実際の運用事例やGMP適合性調査における指摘事項なども交え分かりやすく紹介する。

 

他方、試験室(QCラボ)においては、OOS(規格逸脱)やOOTなどの試験逸脱が絶えず発生しているが、試験逸脱や規格変更対応時の判断基準や品質トラブル防止対策について、実際の手順書作成の観点から説明する。また最近のFDAの指摘事項などからQC、ラボエラーやQCでのデータインテグリティ(DI)指摘などを回避する方法についても紹介する。

 

なお、コロナ禍により遅れていた「改正GMP省令」のパブコメ発出がR2年末にも予定され、特に医薬品品質システム(PQS)や承認書遵守の徹底など、逸脱・変更管理や一変申請や軽微変更とも大きく関連する内容が盛り込まれている。CAPAシステムへの連動など、逸脱・変更管理の実務対応を解説する。

 

担当講師

NPO-QAセンター理事、エイドファーマ代表 薬学博士 高平 正行 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに
1.1 品質マネジメントシステム(製造所内新型コロナウイルス対応リスク管理も含め)
1.2 変更・逸脱管理とは
1.3 ICH Q9を考慮した変更・逸脱管理(CAPAシステム)
1.4 GMP省令改正(R1 年公布予定)と変更管理、承認書と製造実態の遵守

 

2.製造販売業三役の適切な実施
2.1 法令遵守
2.2 三役体制、品質管理業務の留意事項

 

3.GMP省令第14条「変更管理」とは
3.1 変更管理の基本
3.2 変更の薬事区分と適切なクラス分け
3.3 3極における変更管理の比較
:企業内の変更管理、米国の変更管理(BACKPACⅠ)
:EUの承認後変更管理
3.4 変更後の評価(不純物プロファイルの同等性、物理的特性の同等性)
原薬の品質同等性評価
3.5 変更管理体制とリスクコントロール
3.6 リスク管理からみた変更バリデーション計画報告書作成の留意点
製剤の品質同等性評価

 

4.GMP省令第15条「逸脱管理」とは
4.1 逸脱・不適合・異常の相違点
4.2 品質不良並びに逸脱、及びそれらのクラス分けと具体事例
(原薬、製剤別のクラス分け):逸脱/変更管理は製品品質改善のチャンス

 

5.一変・軽微の判断基準
5.1 「医薬品等の製造販売承認申請書記載事項に関する指針」並びに関連Q&A
5.2 製造方法欄記載と詳細具体例:製造販売承認書と変更管理(詳細事例含む)
5.3 製造方法等変更時の取扱い(軽微変更届出の妥当性評価)
5.4 製造方法等変更時の取扱い(一部変更承認申請事項の対象)
5.5 GMP適合性調査における製造販売承認書と製造実態との齟齬・乖離について
5.6 GMP適合性調査で今後予測される指導内容とその対応:PMDA指摘トレンド

 

6.OOS/OOT(試験逸脱)への対応と手順書の作成実務
6.1 ラボの逸脱管理:GMP省令及びICH Q7、PIC/S GMPの要求事項
6.2 FDAのOOSガイドラインについて
6.3 OOSへの対応:初期調査、QA調査、ラボエラー
6.4 試験室管理と外れ値・異常値
6.5 OOTへの対応:工程管理図(シューハート管理図)、安定性試験における傾向分析
6.6 手順書作成と実務:試験室管理とOOS作業手順書の雛形
6.7 QCラボのDI対応
6.8 Form483の警告書と回答事例

 

7.ICH Q12による変更管理の迅速化
7.1 ICH Q9(品質リスクマネジメント)、ICH Q10(医薬品品質システム)
7.2 品質マネジメントレビュー:製品品質モニタリング、逸脱・変更管理とCAPAシステムへの連動
7.3 ICH Q12 医薬品ライフサイクルマネジメントと変更管理の迅速化
7.4 PACMPを用いた承認事項の変更制度

 

8.まとめ
8.1 科学とリスクに基づく品質マネジメントレビューとPQS
8.2 製品ライフサイクルにわたる継続的な品質改善、そして品質文化の醸成

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2020年11月18日(水)10:30~16:30

 

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員:  55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で  55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計 55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売