固体NMR法の基礎と高分子材料の固体構造解析への応用【提携セミナー】

分光法

固体NMR法の基礎と高分子材料の固体構造解析への応用【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

前田 史郎 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

NMRの基礎から高分子材料の固体構造解析への応用まで実例に基づいて解説

 

固体NMR法の基礎と

高分子材料の固体構造解析への応用

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

固体NMR法は、高分子固体材料の詳細な分子構造解析手法のうち唯一といって良い有効な手法として幅広く利用されています。固体NMR法の成り立ちと発展について溶液NMR法と対比して説明し、固体NMR法の特徴とその高分子固体構造解析への応用について理解することを目的とします。高分子固体材料の高分解能スペクトルおよび磁気緩和時間測定に基づく静的および動的構造解析、およびポリマーブレンドの相溶性の評価について実例を挙げて説明します。

 

◆ 受講対象・レベル

高分子材料の固体構造評価にかかわる技術者、固体NMR法の基礎と応用について学習したい人など

 

◆ 習得できる知識

  • 固体NMR法の基礎:NMR現象の発見と固体分子構造解析法としての発展、固体NMR法と溶液NMR法の違い
  • 固体NMR法の高分子固体構造解析への応用:固体NMRスペクトルおよび磁気緩和時間測定による高分子材料の固体構造解析と相構造評価

 

 

 

担当講師

福井大学 名誉教授 理学博士 前田 史郎 氏

 

セミナープログラム(予定)

第1部 基礎編:NMR現象の発見と固体NMR法の発展
1-1.NMR現象の発見とその発展の歴史
溶液NMR法と固体NMR法の特徴
1-2.磁気緩和現象
1-3.固体NMR法で用いられる技術
1.マジック角度試料高速回転(MAS)法
2.交差分極(CP)法
3.チューニング、パルス幅とMAS角度調整
4.種々の磁気緩和時間測定法
5.CPMAS法とDDMAS法
6.超高速MAS法
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー​
第2部 応用編:固体高分子材料の静的・動的分子構造解析
2-1. ポリエチレン、ポリビニルアルコール、ポリアセチレン
2-2. キトサン、カルボキシメチルセルロース
2-3. 微生物産生高分子ポリ(ε-リジン)、ポリ(γ-グルタミン酸)
2-4.高分子ブレンドの構造解析と相溶性評価

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けEラーニング講座一覧

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売