切断技術の基礎と応用【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師 未定
開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

~それぞれの切断方法の原理、特徴、切断品質、

最近のアプリケーションについて説明する

 

切断技術の基礎と応用

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

切断は、産業機械、建築物、橋梁、船舶、鉄道車両などの鋼構造物や自動車を製作する場合、最初の製造工程である。次の工程の溶接では、前工程で切断した部材の寸法精度や切断面品質に不良があると、手直しなどの余計な作業が生じたり、溶接の品質にも悪影響を及ぼす。さらに、その後の組み立て工程にも少なからず影響を与えることから、鋼構造物や自動車の製作において切断は非常に重要な工程である。

 

切断方法には、刃物を用いた機械的切断と、光や電気、炎を熱源とした熱切断がある。単純形状の切断には機械的切断も用いられるが、複雑な形状の切断には、任意の形状が容易に切断できる熱切断が一般的に使用されており、代表的な熱切断法としてガス切断、プラズマ切断、レーザ切断などが挙げられる。

 

本セミナーでは、それぞれの切断方法の原理、特徴、切断品質、最近のアプリケーションについて説明する。本セミナーは製造メーカーで、設計・製造に携わる技術者に大いに役立つと考える。

 

 受講対象・レベル

  • 各種メーカーの技術者・研究者で切断技術を基礎から勉強したい方。

 

 キーワード

  • 切断,金属,アーク,ウォータージェット,プラズマ,レーザ,放電加工,研修,講座,セミナー

 

担当講師

未定

 

セミナープログラム(予定)

1.切断加工の概要
1.1 切断加工の重要性
1.2 切断加工の種類
1.3 機械的切断と熱切断の対比

 

2.各種切断法
2.1 機械的切断
2.1.1 せん断
(1)せん断の原理と特徴
2.1.2 切削
(1)切削の原理と特徴
2.1.3 研削
(1)研削の原理と特徴
2.1.4 ウォータジェット切断
(1) ウォータジェット切断の原理
(2) ウォータジェット切断の特徴
2.2 熱切断
2.2.1 熱切断の種類
2.2.2 代表的な熱切断の概要
2.2.3 代表的な熱切断の切断性能
2.2.4 ガス切断
(1)ガス切断の歴史
(2)ガス切断の原理と特徴
(3)ガス切断が出来る条件
(4)ガス切断面粗さの形成
(5)ドラグラインの形成
(6)予熱炎の効果
(7)ガス切断に及ぼす因子
(8)切断に関する品質基準
(9)ガス切断の保安
2.2.5 水素ガス切断(最新のアプリケーション)
(1)水素ガス切断の特徴
(2) 水素ガス切断の種類
(a)爆発限界を外すためにLPGガスを混合する手法(水素・酸素混合発生方式)
1)水素ガス切断の原理
2)鋼板表面での酸化反応停止限界速度
3)切断酸素の運動量に及ぼす予熱炎の影響
4)水素によるガス切断進行面の改善
5)切断進行面と切断酸素噴流中心との位置関係
6)切断下部のスラグ付着
(b)水素・酸素完全分離発生方式
1)水素ガス切断システムの特徴
2.2.6 アーク切断
(1)アーク切断の歴史
(2)アーク切断の概要
(3)カーボンアーク切断
(4)ミグ(マグ)アーク切断
(5)エアカーボンアーク切断
(6)溶極式ウォータジェットアーク切断
(a)原子炉部品の水中解体への溶極式ウォータジェット切断の適用
(7)アークソー切断
(8)酸素アーク切断
2.2.7 放電加工
(1)放電加工の歴史
(2)放電加工の原理
(3)放電加工の種類
(a)型彫り放電加工
(b)ワイヤカット放電加工
(4)放電加工の特徴
(5)放電加工の切断性
2.2.8 プラズマ切断
(1)プラズマ切断の歴史
(2)プラズマ切断の原理と特徴
(3)プラズマ切断の課題
(4)材質と切断法
(5)水中プラズマ切断
(6)高品質切断(最新のアプリケーション)
2.2.9 レーザ切断
(1)レーザの性質
(2)レーザの種類
(3)レーザ切断の歴史
(4)レーザ切断の原理と特徴
(a)熱加工
(b)レーザ切断の原理
(c)レーザ切断の特徴
(d)レーザ切断の分類
(e)レーザ切断機の種類
(5)水中レーザ切断
(6)ファイバーレーザ切断(最新のアプリケーション)
(a)ファイバーレーザの特徴
(b)ファイバーレーザ切断機の切断能力
(c)ファイバーレーザの開先切断能力
(7)レーザ切断の保安

 

【質疑応答・名刺交換】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

定員

未定

 

受講料

未定

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付き
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【会場受講】【Live配信受講】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売